Entries

TAMA NEW WAVEの日々

今年のTAMAは平日のみの参加だったので、「ある視点」を3日間連続で見ました~。
「自分大好き!」で「すべて人のせい」なキャラが苦手なので、意外とそういう主役の作品多かった気がする。でも面白い作品にもたくさんであえてよかったです。初日は中嶋駿介監督の『Share the Pain』面白かった!たぶん賛否両論というか、女性と男性で意見変わるだろうから、見た後話がしたいテーマの作品なので、やりたーい!自分でもまだどっちなのか整理できてないけど、フェミな方々と囲んで話したい。有佐ちゃんや石本径代さんなど『カランコエの花』出演者がかぶってるのも興味深かった。関西クィア映画祭とか好きそうなテーマだなあ。
2日目、『おろかもの』はSKIPで見てるから、再度見直した感じ。アテ書きなので、俳優さんたちのハマりようは本当に素晴らしい。再度女性陣3人の関係性は面白かった。最近イワゴウさんをCMで見た気がするぞ。
『かく恋慕』では芋生ちゃんは残念でしたが、手島実優ちゃんはいらしてました。あいかわらずかわいい。なんか結婚してるイメージがないので、最初は違和感だったけど、「におい」を描くということ、そこにいない人を思うことなど個人的に愛おしかったです。
薮下雷太監督の『BOY』、いったいどこに着地していくのか、彼は何者なのかと探るうちに周りのキャラがたってきて、というWSのツボにハマった感じ。監督都俳優がウィンウィンになるタイプの作品ですね。すごく面白かったです。
3日目、藤田直哉監督の『Stay』、「結局逃げてくる前と同じになっちゃった」といって出ていく彼女のセリフが刺さりました。集団の中で自分の役割が固定されてしまうと、同じ繰り返しになりがちかも。そうなりたくない人たちでも集まると自ずと自分の立ち位置が決まってしまう。そんなところが興味深かったです。私も出ていくと思いますw。
いろいろな映画祭で名前を目にする『中村屋酒店の兄弟』もようやく見れました。今回本当になんの前情報も入れてこなかったので、藤原季節くんだったのか、と嬉しかったです♪それも舞台挨拶でもしっかりしてる印象で好感度増しました~♪うちは姉妹なのですが、状況は似たような感じで共感もでき…よいお話でしたね。
中川奈月監督の『彼女はひとり』もようやく見れました。なんか濃かった。60分に詰め込むんじゃなく、長編でもよかったかも。福永朱梨ちゃんが圧巻です。舞台挨拶でも言ってましたが、櫻井保幸くんが清涼剤となっててよかった。監督はホラーが作りたかったとのこと、次回がっつりホラーをぜひ。
舞台挨拶後、休憩時間が短く、お話したかったけど、できなかった方々が多かった…。ご挨拶もできなかった皆様、不義理をお許しください。
TAMAだけでなく、午前中は大槻香奈さんの個展や飯塚貴士監督のフォーカードのコラボメニュー食べに行ったりと、映画だけでなく、充実した3日間でした。
新しいシアターカフェにむけて、鋭気もやる気もいただいたので、オープンにむけてがんばります!しばらく土日のイベントなどにはなかなか参加できないのですが、お許しを~。
TAMA2019_R.jpg

新シアターカフェ 進捗状況

スクリーン_R
おまたせしております、待っていてくださる方がいらっしゃると信じて、新シアターカフェの進捗状況を小出しにしていこうかと思いますw。
昨日設計の方も含め、新シアターカフェに設置する機材、プロジェクターやスクリーンなどを見に行きました。新しいシアターカフェのAV関係は豊橋のEMC設計さんにご協力していただきます。今までよりずっと大きい120インチのスクリーンも設置予定です♪♪プロジェクターもスピーカーもいいのが入りますよ。EMCさんが入るからには上映環境は素晴らしいものになると思います。どうぞご期待ください。
シアターカフェは来春、東区に移転、オープンの予定です♪
今後もちょこちょこ進捗状況出していきますね。

寒河江弘さん

寒河江さんとの出会いは、飯塚貴士監督のイベントに来てくれたお客様として、が最初でした。お名前は存じ上げていたのですが、お顔を知らなくて、ただ単に大阪からきてくれた飯塚監督ファンだと思ってた方が寒河江さんでした。そのとき、ご当地怪獣の話をされてて、シアターカフェでも何かからめてやれたらいいね、とお話できて嬉しかった思い出があります。それから数年後の2018年にJ-Factoryさん主催で寒河江さんが講師の造形ライブを開催してもらい、間近でテクニック見せてもらえて、参加者にも好評で、そのときも今度は飯塚監督からめてやりましょうとのことだったので、いつかまたご一緒できると思っていました。
闘病していると伺っていましたが、あまりにも早すぎます。また新しくなったシアターカフェでご一緒したかった。ご冥福をお祈りします。

櫻井拓也くん

もやもやしていたのと、仕事が休みで行ける日だったので、トンボかえりでお通夜に顔をださせていただきました。
幼少期からのアルバムも設置してあり、「うわ、子供のころから顔がかわらない!」とつい顔が緩んでしまったり…家族にもとても愛されていたんだなと改めて思いました。自分の子供を先に送り出すのは、さぞつらかろうと親世代の私も辛かったです。
でも参加できて、ちゃんとお別れできたから、心の整理もついた気がします。
本人が一番、何が起こったか、わかんないかも、だけど、幸いなことに櫻井くんはたくさんの監督や皆様に愛され、出演作品もたくさんあるので、いつでも会える。これから公開の作品だって複数ある!
シアターカフェに来ていただいたのは、2014年12月中村公彦監督特集の『恋のプロトタイプ』のゲストで。たまたまお客様が少なかった回ですごく申し訳なかった~。お越しいただいた御恩返しもまだできてない急なお別れで、本当に心残りだけど、これから公開される作品、ちゃんと応援する。いつかシアターカフェ再オープンの際は追悼上映もできたらいいな。『恋のプロトタイプ』本当に好き。

ここから余談
お通夜には、すごくたくさんの方がいらっしゃいました。ついミーハー心に火がついちゃう方々もたくさんいて、「私、スコーレ時代、お目にかかってます~♪ファンですう」とすり寄りたい方々も。しかし倖田さんとも話してたんですが、「こんな場で会うんじゃなかったらね」ということで。本当は楽しいイベントで会いたかったな。ひとりで心細かったけど、ご一緒してくださったおコメダーズの皆様、ありがとうございました。
そして、どんどん話それますが、お通夜で「あ、テークの平野さん」と思ったのがいまおか監督。よく似てるって言われてるけど、『花火思想』上映してたから、ついそう思っちゃったんだよね。それで平野さんのことも思い出してしまって、余計辛くなったのも事実。遠まきにしていてすみません。
つらつらと思いつくまま書いてて乱文失礼。
ご冥福をお祈りします。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019行ってきました!

今年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、わかな会小松さん主催のシアターカフェ ありがと さよなら上映会の監督たちが大集合!さすが、映画好きなおじさんこと小松さんの目は確かですw。その他にもシアターカフェや大須にじいろ映画祭でもお世話になった監督や俳優さんたち出演の作品も多く、3日間だけでしたが、参加してきました。
ただいまシアターカフェ移転計画中で、オープンまで生活のためバイト生活をしているせいか、自主映画もなかなかみれない状況が続いていたので、久々の映画祭、とっても楽しかった!出品監督たちだけでなく、いろいろな方にもお会いでき、うれしかったです♪
IMG_20190715_160912_R.jpg
まずは私の初日は短編②。木村知貴さん主演の『遠い光』(宇津野達哉監督)はリアルな鹿ときいてビックリ。ずっと緊張感あるカメラでぞわぞわ。亡くなったはずの妻と鹿―短編らしいファンタジーで面白かった。短編部門の最優秀賞おめでとうございます。
IMG_20190715_163813_R.jpg
佐藤快磨監督の『歩けない僕らは』結構前から気になってたけど、ようやくお披露目!落合モトキ君も出てるので、満席になるかと思ったら、本当に満席だった!!でもファンばかりでなく、ちゃんと理学療法士の方々からも質問があったり、リアルだったと感想を言われてたりしたので、本当に良かったと思いました。患者第一の理学療法士の皆さんには頭が下がる。堀春ちゃんのきもちもすごくわかる!たいへんなお仕事だなあと感謝しきりです。自分だってプライベート辛いのにね。でもだからこそ頑張れるのかなとも思いました。静かに熱い作品でした。川合空ちゃんも出てきて、びっくりしました。短編部門 観客賞受賞おめでとうございます♪
IMG_20190715_234108_R.jpg
短編③ではマキタカズオミ監督の『産むということ』も見れました。テーマに興味があったのですが、やはり出生前診断てやらないほうがいいと個人的には思いました。だってどちらにしても後悔しそう。しかも、それを男性目線で描いてくれたことが嬉しかった。普通に生まれても虐待してしまうかもしれない、そんなこともちゃんと言ってくれてて、私は素直に受け止めた。もちろん賛否両論あるんだろうけど。この問題の答えはひとつじゃないから。
ほか『スカーフ』もLGBTQな内容でした。『ぜんぶ東京のせいだ』も生見さんが出演されてましたね~。楽しかったです。
IMG_20190716_124206_R.jpg
2日目は笠松七海ちゃん主演の『おろかもの』(芳賀俊、鈴木祥監督)、ポスターなどのビジュアルからも、これは面白そう!と思ってました。七海ちゃんの代表作になるのでは!と思いながら見てたけど、そうか、あてがきだったのか。そうこの作品のよさって役者がとてもはまってて、キャスティングの時点で出来上がってる感があるということ。ただ、やっぱり男って妻となる女と愛人にした女って分けて考える生き物なのか、とあらためて思った次第でww。村田唯さん、猫目はちさんも最高♪長編部門 観客賞受賞おめでとうございます。
IMG_20190716_155716_R.jpg
真田幹也監督の『ミドリムシの夢』、ほりかわひろきさん主演だしね!!富士たくやさんともご一緒でき、楽しく拝見させていただきました。私は免許持っていないので、ミドリムシさんたちのことをなんとも思ってない(w)のですが、富士さんのめざす夢を知り、いい話やん!と思いましたw。そしてミスリードな感じで進むので、楽しかったです♪どこかで公開されるといいな♪
IMG_20190717_122624_R.jpg
最終日、この日は櫻井保幸くんデー!『サクリファイス』(壷井濯監督)では助演でしたが、インパクトのある役でしたね。壷井濯監督は初長編とは思えなかった。内容もだけど、途中で「へ?」となる方の登場(すみません、草野さんです)で一気にツボにハマり、ころころと飲み込まれました。面白かったので、監督にもそのむねお伝えしました!いろいろツボあったので、また見たい。長編部門 優秀作品賞受賞おめでとうございます!きっとまた見れるのかな。
IMG_20190717_193913_R.jpg
最後は磯部鉄平監督の『ミは未来のミ』。櫻井くん堂々の主演です!そして本当に男の子って!という可愛いながらも、じんと来るお話で、よかった~。男性には刺さる話っぽいね。黒ひげ危機一髪で泣きそうになるとは思わなかった。ちなみに質問に出なかったけど、タイトルはブラッドベリ「ロはロケットのロ」からだそうです、ふむふむ納得。SKIP シティアワード受賞、おめでとうございます!
と充実した3日間を過ごせて楽しかった。またシアターカフェが復活したら上映したい作品ばかりで待ち遠しくなりました。来春リニューアルオープン目指してます♪みんな待っててね♪♪

『天気の子』の感想(ネタバレあり)です~

世界と個人-環境問題と恋愛ドラマのあいだ
『天気の子』新海誠監督/2019/114分



新海誠は、再会というテーマをループし続ける。男女2人が困難を共に乗り越えたあと、時間を置いて再会する。そこに向けていくつかのハードルを設けることで、観客の情動は高まる。メイン2人の再会が、最高に感動的になるよう物語が構成されている。以前の作品は、人違いやすれ違いで再会は機能不全に陥った。近年はそれが解消され、主人公たちはエンディングで再会することが運命づけられている。『天気の子』では、雨の止まない東京で偶然に、ヒロインの陽菜が天候をコントロールできる能力を、天空の何者かから付与される。彼女の晴れ間を呼ぶ力は、明確に世界に影響を及ぼす。本作は、人間中心主義(アントロポセントリック)の視点から環境問題を考えつつも、ハッピーエンドな恋愛ドラマとの間でそのメディエーションに苦闘する物語である。社会的テーマと個人的テーマは商業主義のもと、どのように受容されるのだろうか。


ヒロインのキャラクター設定は、旧来のエコフェミニズム的な比喩がみられる。多くの新海作品では、女性が自然や田舎に比喩されたり、神秘的な自然現象の代替物として巫女のような位置に設定されたりする。対して男性は、都市や一般的な現代人として配置されている。さらに、近年の主人公男性は、ヒロインを助ける王子様的な役割を担っている。本作のヒロイン・陽菜は、能動的で自立した側面を強調する一方で、実際は保護者不在の未成年女性として弱者側に置かれている。限定的な天候コントロールの能力を与えられた代わりに、自身の生命が代償となる。エコフェミニズムでは、女性・自然が男性・文明から搾取される弱者的な客体として対置され、目に見えない不均衡を可視化する。実際は、人間である女性も自然を搾取する強者側であるため、理論としての矛盾が指摘されており、この比喩は旧来的視点といえる。


作中では、近年の地球温暖化現象がテーマの一つとなっている。都市部でのゲリラ豪雨が、現実よりも常態化した世界観である。大学生になった主人公・帆高は、終盤で農学部に入学することが、東京の新居で無造作に置かれるパンフレットからわかる。そこには、アントロポセン(人新世)と書かれている。アントロポセン=人新世とは、地質学の概念で、人と自然が空間的に分けられていた前世紀の完新世に対し、全ての自然環境に人が介在している今日の状態を指す。これには、近代化・資本主義以降に加速した、グローバリゼーションが大きく関わっている。女性や動植物だけではなく地球上の全てが商品化され、それらが世界中を流通する先進資本主義の現状がある。環境は人間中心主義的に作り変えられる側面を持ち、相互に影響し合い、もはや自然と人は分けられない。


陽菜がギフトとして受け取った晴れ女の力は、帆高のアイデアにより商品化される。社会に対して無力な少女は能力を販売することで、ネオリベラリズムの力学通り社会の中で必要とされる自立した存在になる。インターネットのサイトを通じて起業する様は、ICT系の若手起業家やユーチューバーを想起させる。自己責任のもと24時間仕事体制となり疲弊していく新興起業家のように、天候コントロールをするたびにヒロインの体は蝕まれ透明化し、人柱としてその生命を削られる。祈ることをやめた陽菜のせいで、未曾有の豪雨が東京を襲う。陽菜は、帆高にこの雨が止んでほしいかと聞く。寝入り端の彼は、うんと答える。翌日、彼女は消滅し街は晴天となる。帆高は、自分の応答により、陽菜は人柱になったと考える。


恋愛ドラマとして観客の情動を高めるためのナラティブにより、主人公は最後の困難に立ち向かう。帆高は、陽菜を天空から解放するために、彼女がギフトを手にした廃ビル屋上の鳥居へ向かう。警察や水没した街路など様々な困難を乗り越えて、彼女の奪回を祈りながら鳥居をくぐる。このシークエンスは、観客の情動を最高潮へ持っていく。社会のなかで弱い立場である子供たち。少女1人に世界の命運がかかる不条理や、彼女を救おうとする少年のせい一杯の努力、彼にほだされる大人の姿などが観客の涙を誘う。実際、ほぼ満席の公開二日目の映画館には、数多くすすり泣きが響いていた。


本作は、環境問題のテーマと恋愛ドラマの両義的な読みを可能とする。帆高の懸命な働きにより、陽菜は現世へと奪回される。雨は再び降り出し、それからもう止むことはなかった。共同体の安定よりも個人の幸福を追求した結果、世界は不安定が常態化する。しかし、それで良いのだとモノローグで帆高はつぶやく。たった1人の人間も幸せにできず、理不尽な犠牲を強いる社会は肯定しないことを示唆する。一方で、ネオリベ的な個人主義の結果、自然環境が不安定化しても自分には関係がなく、それよりも自分と身近な人間の幸せが大切という側面もみせる。


『天気の子』をどのように理解するかは、観客の知識や考え方に大きく左右される。本作は人間中心主義がまず前提にあり、その上で環境問題をファンタジーの力で乗り越える姿をみせている。想像力では環境問題を乗り越えられない主人公が、大学で現実に環境問題と向き合う姿勢を終盤のパンフレットにより示唆する。観客は、人新世の概念や人文学での議論を知らないと、この点を見過ごす可能性が高い。一方で、愛しい相手との数年ぶりの再会が大団円となり、環境問題よりもヘテロセクシャル規範的な恋愛へと物語は回収される。環境問題への内省を促すようにみえて、結果的にメロドラマへ横滑りしハッピーエンドを迎える。


この作品には、現実の環境問題に触れる天候描写と、再会をゴールとした恋愛物語が組み込まれていると考える。商業的理由や制作者の興味の混交物である多くの商業映画同様の本作は、それぞれの観客のうちにどのような物語を醸成するのだろうか。

SKIPのレポ前、おっさんずラブ展関連のお話

7/15(月祝)~17(水)の3日間、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭に行ってきました。昨日受賞の発表もあったので、いろいろ書きたいところですが、それはあとにして、まずはもうひとつの遠征目的、おっさんずラブ展関連のお話を。
もともと佐藤快磨監督作品は大好きなので、今回も『歩けない僕らは』を楽しみにしてました。伺うのが祭日であり、「おっさんずラブ」単発版ハセファンがたくさん来て、入れなくなるのでは、と危惧し、早めに並んだのですが、大正解。あんなに椅子足してるの初めて見たし、ゲスト全員壁際に立たされてたね~。いやあ、落合モトキくんはFODの「夫のちんぽが入らない」であらためて、攻めてるなあと思ったので、お話したかったけど、さすがに集合写真の撮影終わったら、すぐさまいなくなってた。残念。いつか紹介してもらえるかなwwもちろん「歩けない」も素晴らしかったので、これは別で書きます。
IMG_20190715_163741_R.jpg
IMG_20190715_194608_R.jpg
そしてメインとなるおっさんずラブ展には、2日目に行きました。とってもアウェーな感じでしたが(むちゃくちゃ静か!)一人で行ったので、団体さんには声かけれずさみしかったけど、その分ゆっくり見ることができました。ああ、どんな展開になるのか、早く劇場版見たい!!私が行った日、Tシャツ黒のSが売り切れだったのですが、ピンク狙いだったので、問題なし。初日着ていきたいもんね。
IMG_20190716_180612_R.jpg
そして最終日、せっかく東京から帰るし、渋谷TSUTAYAに寄りましたよ~。ましまし等身大のパネル!!裏面には市井昌秀監督作品や眞島さん出演作品のソフトも置いてあって、さすがTSUTAYA。「サウナーマン」も早く見たい~。東海地方でもやってほしいよ。
IMG_20190717_172925_R.jpg
と、実は毎日「おっさんずラブ」関連で楽しんでました♪♪テレ朝に行く余裕はさすがになかったですが。劇場版の公開日までワクワクです♪
映画祭のレポはまた後日まとめますね~。

the face 根矢涼香特集上映 2日目行ってきました!

ご無沙汰してます!かっぱ、生きてます!
久しぶりにシネマスコーレの舞台挨拶時にお邪魔しました。
the face 根矢涼香特集上映です。
初日は地元川合空監督らも来場してましたが、行けずに失礼しました。
2日目の日曜は、野本梢監督と笠松七海ちゃんも来場とあって、駆け付けました~。野本梢監督の『次は何に生まれましょうか』が見たかったので、見れて本当によかったです。
ほか初見の『朱色に染まれば』草地紀乃監督(来場!)も面白かったですし、『アオとシオリ』は芋生ちゃんも出てて、うれしかった♪根矢涼香さんの持ち味がそれぞれ活かされた作品で、どれも面白かったです♪
あいかわらずトークの時の写真は遠くて粗いので、個別で写真もいただきました!!
the face 根矢涼香は6/28(金)まで。川崎僚監督の『彼女のひまわり』や大好きな『したさきのさき』もあるので、プログラムと時間をチェックしてシネマスコーレに行ってね!!
https://ameblo.jp/rengousekigun/entry-12477597532.html?frm=theme
IMG_20190623_201536_R.jpg
IMG_20190623_205227_R.jpg
久々にお客様たちの元気な顔も見れてよかったです。お声がけいただいた皆様、ありがとうございました!来年春に向けて頑張ります!!その際はよろしくね~♪

10連休前にいっとく下呂旅行

GWはどこも混むから、と10連休前に下呂温泉へ下呂プリン&なっとく豚さんを食べに行きました!
ゲロプリン_R
ホテルにチェックイン前に、湯島庵さんでなっとく豚のあぶり寿司を食べる予定で、クーポンを表示したスマホを片手に向かったのはよいのですが、まさかの臨時休業!!定休日はチェックしていきましたが、GWを前にお休みしたい気持ちも十分わかります~。着くなりの予定変更でランチ難民となり果てました。ここは下呂プリンでまずは落ち着こうと、さっそく向かいました(ご近所)。カエルのお風呂をイメージしたかわいい店舗です。私はプリン好きなので、ハードタイプのレトロを選び、相方は可愛さ重視のメロンソーダを。レトロ、最高でした!!お向かいには足湯もあるので、プリン食べながらゆったりもできそう。店内にはイートインスペースもあります。全種類食べたかったな。

昼もそこそこにしてお宿の夕ご飯に挑みました~。飛騨牛ほかの炭火焼きがメインだけど、それまでにもたくさん出てきて、メインになるころにはおなかだいぶいっぱい。しかし、炭火で食べる筍も美味しかったなあ。
温泉もとろみがあり、お肌がすべすべになって、本当に気持ちよかった。休み前は温泉もすいてる!それがねらい目なのだあ。ゆったりまったり過ごせました。
朝ごはんは苦手な和朝食でしたが、おかずの種類も多く、堪能しました。
そしてなっとく豚を食べていなかったので、昼は絶対!と宴蔵さんに電話で確認してからGO!なっとく豚を使ったメニューはたくさんあって、悩んじゃった!でも結局なっとく豚のキムチ丼&とんかつに。複数で行くとシェアできていいよね。ようやくなっとく豚さんを食べることができて満足!
キムチドン_R
とんかつ_R
なっとくポスター_R
連休前に下呂旅行を楽しんできました。連休も盛り上がりますよう。みんなでなっとく豚食べて応援しようねえ♪♪ああ、あぶり寿司も再度チャレンジしたい~♪

ベトナム映画&ブックフェア 行ってきました!

ベトナム1_R
ベトナム2_R
4/20.21と東海市芸術劇場で開催されたベトナム映画&ブックフェア2019に行ってきました。
21日午前の映画『リベンジャーズ』を見てきました。アクション映画というだけで他の情報を全く入れずに見に行ったので、すごーく楽しかったです。映画製作の現場が見れる作品は個人的に好きだし(カメ止めの例もあり)、香港映画チックなテイストはツボなので、ベトナム映画のアクションもの、大好きなんですよね。これは特にとてもやさしい作品で、無駄に人が死なない(笑)。ベトナム人の観客の皆さんと笑いのツボもほぼ合ってたので、一安心でした。
残念ながら他のプログラムは見れなかったのですが、絵本の読み聞かせなど面白そうな企画もありました。アニメーションは4作品とも大好きなので、再度見たかったくらいです。
お昼にいただいたバインミーもタピオカミルクティーも美味しかった♪ベトナムコーヒーもいただき、満腹でした。
ベトナム映画は、大阪アジアンでも見た『ハイ・フォン』が日本の配給も買った方がいい、と大評判だったし、私も推したい!ので、こちらも劇場で再度見れることを楽しみに待ちたいです。 ベトナム映画、熱くなってきてます!!
来年も引き続きイベントが開催されるといいなあ。
bainmi-_R.jpg