Entries

トラウマ映画劇場『朝子』【レンタル】

トラウマ映画劇場『朝子』(2005年/75分/R-18成人映画)
監督:北田直俊 出演:村井美波子 宮沢仙吉 ホリケン。 シベリア文太 大木裕之
製作:蝸牛プロダクション、コアマガジン バースト
提供:合同会社adg-ethics

asako_R.jpg
2005年に製作され、かつては横須賀・金星劇場や静岡小劇場などの成人映画館でロードショー公開を果たし、その後渋谷アップリンクなどでも上映された自主製作ピンク映画『朝子』。昭和時代の成人映画に敬意を表して制作されたこの作品を、新たに再構成、タイトルも【トラウマ映画劇場『朝子』(2005)】と題され、この度2日間限定で名古屋シアターカフェにて独占公開いたします。監督は、記録映画『ZONE/存在しなかった命』、『アジア犬肉紀行』、『動物愛護法』、そして劇映画『佇むモンスター』などで知られる北田直俊。
この異色の18禁成人映画『トラウマ映画劇場『朝子』(2005)』は、一人の主婦が自身の生命の絶えゆく瞬間を大胆に描き出しています。
【本作品は、2000年代前半に開発された24P対応の業務用DVカメラで制作されています。当時のDV画質を反映した貴重な映像資料という観点からもお楽しみいただけます。また、この映画は成人向けの作品です。18歳未満の方のご入場はできません。】
公式サイト http://www.adg-theater.com/adg/ 

北田直俊プロフィール
北田プロフィール画像_R
1968年生まれ。映画編集の大家、鈴木晄氏のもとでフィルム編集技術を学びながら四谷イメージフォーラムで実験映画にも没頭する。18歳のときに制作した8ミリ映画が日本テレビ主催の日本映像フェスティバルで優秀賞を受賞。その後、25歳から10年間ほぼ独力で35ミリ長編映画『イヌ』を制作。2011年の福島原発事故では、置き去りにされた多くの動物たちの姿を記録し、以後日本の動物福祉問題に取り組む。最近作は、社会派ホラー『佇むモンスター』(90分)。

日時 2024年3月2日(土)、3日(日) 連日15:00~16:15
入場料 1,200円(600円ドリンク代込み)
ご予約はこちら

ドリンクメニューはこちら
主催:合同会社adg-ethics