Entries

大須ポップカルチャー・ゼミ 第1回

私たちにとっては空気のような、当たり前のようにそこにある「ポップカルチャー」。だけど、それはいったいどんなカタチをしたものなんだろう? それは私たちの想像力のありかたにどんな影響を及ぼすのだろう? そんな疑問を抱いたとき、実はあなたは「研究」の扉の向こう側にいるのです。
大須ポップカルチャーゼミ――アニメやマンガ、ゲームや音楽について考え、発表し、みんなで意見交換しませんか。

日時 6/11(日)14:00か、15:00開始予定(2時間半程度の開催を予定)
料金 600円(1ドリンク付)
定員 20名 ※ご予約はこちらから!
企画 山下萌実、広瀬正浩、神無森カヱデ


プレゼン①スキありっ!映像考察タイム‬ 第1回 『風立ちぬ』〜すべては4分間の予告編に〜
映画が伝えたいことは、脚本や演技だけでなく、映像の随所に仕込まれています。‬‪本プレゼンでは宮崎駿監督作品『風立ちぬ』を題材にし、演出に隠されたメッセージを分析します。映画の再発見を一緒にしましょう。‬‬‬‬‬
スピーカー 山下萌実(やました ともみ)
名古屋学芸大学映像メディア学科卒業。在学中は映像やワークショップなどについて学ぶ。卒業後はあいちトリエンナーレ2013や足助ゴエンナーレなどのアートイベントにスタッフとして参加。トークイベントは今回が初出演。‬

プレゼン②遊びで終わらない!?日本のRPG ~『FINAL FANTASY ⅩⅤ』から見える「旅」と「セカイ」~
昨年11月に発売され、ネットで話題を呼んだ『FINAL FANTASY ⅩⅤ』を取り上げ、私達はロールプレイングゲームの何を楽しみ、どんな経験を得ているのかを明らかにします。ゲームを研究する世界へ、一緒に旅に出てみませんか?
スピーカー 神無森カヱデ(かなもり かえで)
椙山女学園大学国際コミュニケーション学部表現文化学科卒業。在学中は映像表現を中心に現代表現文化を学ぶ。卒業論文にてロールプレイングゲームを取り上げ、テレビゲーム研究に関心を持つ。その他、個人的にマンガ、イラストなどで表現活動も行っている。

鼎談「大学から離れて現代文化を研究する」
今回の発表者は、お二人とも既に大学を卒業しています。「研究は大学で行う」というイメージもある中で、なぜ、どのように研究をするのか……お二人から話を聞きながら、ポップカルチャー研究のヒントを探ります。
パネラー 広瀬正浩、山下萌実、神無森カヱデ
広瀬正浩 椙山女学園大学国際コミュニケーション学部・准教授。日本文学研究を中心に、現代における現実とフィクションとの関係性について幅広く研究している。単著『戦後日本の聴覚文化』(青弓社)がある。

掲載情報/C+Tさん 『劇場版ルノアール兄弟』完成記念特別上映会

4/20発行のC+T5月号に『劇場版ルノアール兄弟』完成記念特別上映会をご紹介いただきました。いつもありがとうございます。
5/12(金)~14(日)の3日間限定です。初日は大橋裕之監督も来場します。ぜひこの機会にお越しくださいませ。

アニメーション・パレット2017 in 名古屋

animation201706.png
昨年、東京で好評を博した上映会「アニメーション・パレット」が、名古屋初登場!東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了生を中心に、プロとしても活動する気鋭のアニメーション作家達による、珠玉の上映会となります。内容は「アニメーション・パレットプログラム」に加え、愛知、東海地方にゆかりのある作家の「名古屋ゲストプログラム」。また、上映後にミニトークを予定しています。貴重なこの機会、ぜひお見逃しなく!

日時 6月9日(金)開場18:00上映18:30(終了20:50)
   6月10日(土)開場13:00上映13:30(終了15:50)
        開場17:00上映17:30(終了19:50)
料金 要1ドリンク(500円)注文 ご予約はこちら
企画 アニメーション・パレット実行委員会
共催 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻
   アニメーション・パレット実行委員会
助成 東京藝術大学ダイバーシティ推進室
   文部科学省科学技術人材育成費補助事業

      「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」
   Hopping_RGB のコピー
協力 ondo、銀杏に雨、kuma films、STUDIO 8 DOGS、studio gravity、TOKO FILM、NOA、mg


上映作品

アニメーション・パレットプログラム(77分) 

『face-san』 永迫志乃(1:05)
01face_san_sill1 のコピー

『タコ船長とまちわびた宝』飯田千里(7:00)★
02Captain_still1 のコピー

『盲目の砂糖』田中美妃(10:17)★
03momoku_still1 のコピー

『春の枕木~Spring Sleeper~』松本紗季(11:03)★
04haruno_still1 のコピー

『such a good place to die』小野ハナ(3:00)★
05such_a__still1 のコピー

『パカリアン』秦俊子(10:41)★
palette_Pacalien のコピー

『froggy』永迫志乃(4:39)★
07froggy_still1 のコピー

『あいたたぼっち』小野ハナ(11:37)
08aitata_still1 のコピー

『手乗り上司』野中晶史(7:43)★
palette_tenorijoshi のコピー

『Jungle Taxi』キム・ハケン(7:44)★
10JungleTaxi_still1 のコピー

休憩(10分)

名古屋ゲストプログラム(32分)

『ATOM』有吉達宏(2:22)
guest_ATOM のコピー

『yelp』梅村晴香(5:00)
guest_yelp のコピー

『Opening Sesame』井上幸次郎(5:19)
guest03_Opening のコピー

『Birth-つむぐいのち』若見ありさ、荒井知恵、こぐまあつこ(19:04)★
guest04_birth のコピー

ミニトーク(20分)
出品作家のトークを予定 ※詳細は決まり次第、サイトにてお知らせ致します

※★印の作品は文化庁文化芸術振興費補助金助成作品ですdl_logo_b_2014 のコピー

5/28(日) 『×××KISS KISS KISS』 女性限定特別試写会開催のおしらせ

『×××KISS KISS KISS』 女性限定特別試写会のおしらせ
5人の女性脚本家による「キス」がテーマの5つの物語『XXX KISS KISS KISS』。シアターカフェで6/17.18&24.25の2週末に上映いたします。
そこで女性限定の特別試写会を開催します。鑑賞後、SNS等で感想をつぶやいてくださる方限定10名様です。ふるってご応募ください。

試写会日時
5/28(日) 14:00-16:50


場所
シアターカフェ

応募方法
ご希望の方はメールで応募してください。
件名を「試写会希望」としてください。

締切 5/15(月)24時 締切後、定員10名を超えていれば抽選。

上映作品
『×××KISS KISS KISS』(2015年/168分/5話オムニバス)
監督:矢崎仁司 撮影:石井勲
『儀式』脚本:武田知愛
出演:松本若菜/加藤良輔/林田麻里/深谷由梨香/辻京太/松田将希/牛丸亮/川俣しのぶ
『背後の虚無』脚本:朝西真砂
出演:柿本光太郎/安居剣一郎/樋井明日香/前野恵/志水季里子/長澤洸青/佐野大輝
『さよならのはじめかた』脚本:中森桃子
出演:中丸新将/塚田美津代/涼香
『いつかの果て果て』脚本:五十嵐愛
出演:荻野友里/草野康太/海音/木村トモアキ
『初恋』脚本:大倉加津子
出演:川野直輝/吉田優華/榎亮太朗/田中夢/山本将広/初見弘貴/山田寛幸
作品詳細はこちら

その他
関係者試写も兼ねておりますので、ご了承くださいませ。

5周年記念 過去作品リスト公開(実写版)

2012年にオープンしたシアターカフェもこの4月で5周年を迎えました。ありがとうございます。
そこで区切りとして、2012年からの上映リスト(実写版)をまとめました。
シアターカフェ自主企画のみのリストとなっております(レンタルでの上映会、大開放祭、夕暮れシアターは除く)ので、ご了承ください。
こうしてみると本当に多くの方のご協力、ご支援の賜物だとあらためて感謝です。
またここから多くの方の名前が世に出て行ってくださることも祈ります。
今後も応援よろしくお願いします!!
リストはこちらから見ることができます。

6/3(土) 第7回うんこ映画祭+ 特殊似顔絵 in 名古屋

第7回うんこ映画祭+ 特殊似顔絵 in 名古屋
本番表面_R
お待たせしております、うんこ映画祭が今年もお目見え!「うんこ」「排泄」「トイレ」をモチーフにしたショート映像作品の祭典、好評につき今年も開催となりました!同日、上映前にうんこ映画祭主宰、駕籠真太郎先生による特殊似顔絵も開催します。物販もありますので、ぜひこの機会にお越し下さい。
日時:6/3(土)
13:00-18:00 特殊似顔絵
18:30-21:00 第7回うんこ映画祭 
※上映作品など詳細は決まり次第公式サイトでご紹介します。作品絶賛募集中(締切4/23)

料金:
特殊似顔絵 2500円
うんこ映画祭 1500円(1ドリンクつき)

ご予約:
うんこ映画祭⇒シアターカフェまで 
特殊似顔絵は時間指定で受け付けます。詳細、予約フォームなどは駕籠真太郎公式サイトまで※開設までしばしお待ちください。

掲載情報/シネマカラーズさん シアターカフェ5周年記念大開放祭

4/1.2の2日間開催したシアターカフェ5周年記念大開放祭のレポートをシネマカラーズさんに掲載していただきました。いつもありがとうございます。4プログラムの上映でしたが、どれも面白かったです。監督同士、お客様との交流もできて、シアターカフェらしいイベントになったのかな、と思っております。
この場を借りていつも支えてくださっている皆様、参加くださった監督たちやお客様にお礼申し上げます。この場所が名古屋のインディーズ文化の一助となれば幸いだと思って一歩一歩進んでいきます。頑張って続けていきたいので、今後も応援よろしくお願いします!!

5月マンスリースケジュールのおしらせ

5月のマンスリースケジュールですが、早くも出来てきております。まだ空いている日はレンタルなど可能ですので、ぜひお声がけくださいね。
明日から4月ですね。なんと無事5周年を迎えることができます!あっというまですね。本当にこれもひとえに皆様のおかげです!あらためて感謝の気持ちをお伝えします!!ありがとうございます
12(金)~14(日)『劇場版ルノアール兄弟』完成記念 特別上映会
大橋裕之さん監督作品『劇場版ルノアール兄弟』がいよいよ完成!これを記念して、過去作と併せて上映いたします!左近さんのキャラが炸裂シリーズをまとめてどうぞ!初日トークも開催予定!
20(土)21(日) 『野生のなまはげ』DVD発売記念上映会
6/2にDVD発売となる『野生のなまはげ』のスクリーンでの上映会をシアターカフェで開催します。見た方もまだ見てない方もこの機会にご覧いただき、6/2にはご家庭用にお買い求めくださいませ。おまけに短編も上映します!新井健市監督来場予定です。

『XXX KISS KISS KISS』公開記念 「キス」をテーマにした公募展「XXXたくさんのキス」開催 
6/17、6/18&6/24、6/25の2週末、矢崎仁司監督作品『XXX KISS KISS KISS』をシアターカフェで公開します。これにあわせて「キス」をテーマした公募展を開催します。写真、イラスト、絵画などシアターカフェをたくさんのキスで埋めてください!応募詳細はこちら

 『XXX KISS KISS KISS』公開記念 「キス」をテーマにした公募展「XXXたくさんのキス」開催 

6/17.18&24.25の2週末、矢崎仁司監督作品『×××KISS KISS KISS』をシアターカフェで公開します。これにあわせて「キス」をテーマにした公募展を開催。写真、イラスト、絵画などシアターカフェをたくさんのキスで埋めてください! 作品詳細はこちら
観客投票とシアターカフェスタッフにより、シアターカフェ賞を1作品に授与します。シアターカフェ賞はギャラリーレンタル(1週間分4日間)です。ぜひあなたの作品をアピールする場としてもご活用くださいませ。

〈応募要領〉
●開催期間 
6月17日(土)~6月25日(日)13:00-21:00 ※火~木定休

●応募締め切り
5月20日(土)エントリーフォーム当方必着
エントリーフォームはこちらからダウンロードできます こちら(PDF)

●搬入出について
搬入
直接搬入の場合:6月16日(金)15時までにご持参下さい。(営業時間:金、土、日、月13:00-21:00)都合がつかない方は、それ以前の営業日にお持ち頂ければお預かりいたします。
業者配送の場合:6月12日(月)までにお送り下さい。なお、送料は出展者負担となります。
搬出
6月26日(月)
直接搬出の場合:13時以降搬出開始。来られない方は当面はお預かり致しますのでご連絡下さい。
※搬出の際に、業者配送を希望される場合は返送先などを記入した着払い伝票をご用意下さい。

●作品サイズなど
特に規定はありませんが、極端に大きすぎる(一辺が1m以上)作品はご相談ください。
作品に加え名刺・ポートフォリオ・作品集などを設置できるようにしますのでご活用下さい。

●展示方法
基本的に壁掛けになります。重量のあるもの(3kg以上)は不可能な場合がありますので、ご相談下さい。

●その他
・著しくテーマに外れるものはお断りする場合がございます。
・応募作品が多数の場合は、ご相談させていただきます。
・ポストカード等グッズを販売希望の方は、ご相談ください。販売手数料(30%)でカウンターにてお預かりします。
・作品のキャプション(題名、作家名、作品名)も同封してください。
・展示のレイアウトなどはこちらにご一任ください。特別なリクエストがある場合は、ご相談ください。
・その他基本的にはギャラリーのレンタル規約に準じます。

ご質問・お問合せはこちらへ

6/17(土)~『×××KISS KISS KISS』

『×××KISS KISS KISS』
新人脚本家ユニット「チュープロ」から矢崎仁司監督へオリジナル脚本が持ち込まれたことで始まった異色のプロジェクト。脚本家たちが監督を選び、書いたシナリオを映画にしたいという熱意に人が集まってきた。矢崎監督が自主映画に立ち返って作り出す、5人の女性脚本家による「キス」がテーマの5つの物語。矢崎監督らしさにあふれた傑作オムニバスです。

上映スケジュール 
6/17(土)18(日)&24(土)25(日)

①14:00-17:00②18:00-21:00 
17.18日は舞台挨拶予定あり。詳細は更新していきます。

料金 1500円 

ご予約はこちら


『×××KISS KISS KISS』(2015年/168分/5話オムニバス)
監督:矢崎仁司 撮影:石井勲

『儀式』 脚本:武田知愛 
1儀式main_R
出演:松本若菜/加藤良輔/林田麻里/深谷由梨香/辻京太/松田将希/牛丸亮/川俣しのぶ

図書館で働く兎雨子(松本若菜)。今朝もまた同棲相手の晴日斗(加藤良輔)と喧嘩した。一緒に暮らすうちに何かを失ってゆく。たとえば希望、信頼、そして熱情―。 「もうおしまい」。いつもそう思うのに、まるで絡まったまま、ほどけない二人の恋。今度はサヨナラか、仲直りなのか、かかってくるまで分からない声の儀式が、また静かに始まる―。

『背後の虚無』 脚本:朝西真砂
2背後の虚無main_R
出演:柿本光太郎/安居剣一郎/樋井明日香/前野恵/志水季里子/長澤洸青/佐野大輝

東京の大学に通う夏男(柿本光太郎)は、幼馴染の成生(安居剣一郎)に秘かに思いを寄せていた。夏になると故郷・山梨に帰郷し、運転代行業で働く成生を手伝って、ひと夏を共に過ごすのが、夏男のささやかな幸せだった。老いた母と地元で暮らす優しい成生。この友情が終わるのは、自分が告白したときだろう。そう堪えてきた夏男に、ある日突然訪れた虚無とは―。

『さよならのはじめかた』 脚本:中森桃子
3さよならのはじめかたmain_R
出演:中丸新将/塚田美津代/涼香

妻は毎朝、庭に水を撒く。夫は新聞を取りに玄関へ出る。知人の葬式に出掛けることが日常になった。緩やかに穏やかに近づく別れの跫音―。妻・綾子(塚田美津代)が自らを蝕む病の正体を知ったその日、バス停で出会った少女・明里(涼香)。彼女の言葉が、綾子と浩一(中丸新将)夫婦の心を小さく揺らす。 古いカメラの「眼」の底に残る風景とは…。

『いつかの果て果て』 脚本:五十嵐愛
4いつかの果て果てmain_R
出演:荻野友里/草野康太/海音/木村トモアキ

路上で春を売る美玖(荻野友里)の毎日。昨日も今日もその先も―。美玖はあこぎな商売で、常にトラブルを抱えていた。その日も追ってきた客の男、安川(草野康太)の前で、また別の客とトラブルを起こす。その様子をじっと見る目、まっすぐ延びる道に一人の少女(海音)が佇んでいた。不思議な視線に惹かれるように川にたどり着く美玖と安川。どこかに続く川の中、闇が3人を満たしていく。

『初恋』 脚本:大倉加津子
5初恋main_R
出演:川野直輝/吉田優華/榎亮太朗/田中夢/山本将広/初見弘貴/山田寛幸

トムラ(川野直輝)は心血注いだ金魚屋の経営に失敗、抜け殻のような現実逃避の日々を送っていた。そこへ突然、高校時代の同級生・京子(吉田優華)が現れる。初恋相手との再会に動揺を隠せないトムラ。そんな気持ちを知ってか知らずか、大人びた京子は気ままに泳ぐ金魚のように、トムラの心に波紋を作る―。
公式サイトはこちら

矢崎仁司監督プロフィール
yazaki_R.jpg
日本大学芸術学部映画学科在学中に、『風たちの午後』で監督デビュー。1992 年、『三月のライオン』でベルギー王室主催ルイス・ブニュエルの『黄金時代』賞を受けるなど、国際的に高い評価を得る。1995 年、文化庁芸術家海外研修員として渡英し、『花を摘む少女 虫を殺す少女』を監督。主な作品に、『ストロベリーショートケイクス』(2006 年)、『スイートリトルライズ』(2010 年)、『不倫純愛』(2011 年)、『1+1=1 1』(2012 年)、『太陽の坐る場所』(2014 年)、『×××KISS KISS KISS』(2015 年)、『無伴奏』(2016 年)など。

脚本家集団 チュープロ
2013年、脚本を通じて知り合った5人のメンバーで結成。映像化することを目指し、キスをテーマにしたオムニバス脚本を執筆。矢崎仁司監督のもとへ原稿を持ち込んだ後、約一年間のリライトを経て、撮影現場にもメンバー自ら参加。2015年9月5日、結成第一弾作品『×××KISS KISS KISS』を新宿K’sシネマにて公開。以来、大阪、神戸、高崎、長野と上映し、横浜シネマノヴェチェントでは現在も約一年半のロングラン上映中。
所属メンバー
五十嵐 愛(いがらしあい)

シナリオ・センター、映画24区で脚本を学び、2012年映画『傷跡』(富樫森監督)で脚本デビュー。2013年『夏がはじまる』(富樫森監督/脚本協力)、2014年『海鳴り』(風間太樹監督)脚本執筆。
大倉 加津子(おおくらかつこ)
シナリオ・センター、映画24区にて脚本を学ぶ。本作がデビュー作となる。現在放送中の福島中央テレビの深夜ドラマ『絶景探偵。』を執筆。
武田 知愛 (たけだちあい)
シナリオ・センター、映画24区で脚本を学ぶ。2008年第13回シナリオS1グランプリで準グランプリ受賞。2012年『1+1=1 1』(矢崎仁司監督)脚本デビュー。2016年『無伴奏』(矢崎仁司監督)脚本執筆。
中森 桃子 (なかもりももこ)
シナリオ・センターにて脚本を学ぶ。2004年第一回京急脚本大賞入選。シナリオライターとしては本作がデビュー作となる。現在放送中の福島中央テレビの深夜ドラマ『絶景探偵。』脚本執筆。

その他
「XXXキス」をテーマにした写真、イラストの公募展『XXXたくさんのキス』を上映期間中、開催予定。
作品の募集要項などはこちら


※女性限定特別試写会も開催決定。詳細はこちらnew!