Entries

掲載情報/サカエ経済新聞さん 近藤笑菜映画祭in Theatercafe

昨日の大須にじいろ映画祭2018コンペティショングランプリ作品『マイ・シェアメイト』に出演している地元出身の女優、近藤笑菜さんの特集上映をシアターカフェで開催します。近藤笑菜映画祭in Theatercafeサカエ経済新聞さんにご紹介いただきました!ありがとうございます!3/10.11の2日間、7作品3プログラムで上映いたします。いろいろなジャンルの作品が取り混ぜてありますので、どのプログラムも楽しいですよ。笑菜さんほかにもゲストが来るかも、です!ご予約受付中です!

掲載情報/Cafe Mirageさん 大須にじいろ映画祭2018&東海林監督短編上映会&小島ケイタニーラブライブ 『夜の掌編集』

岐阜発 映画・エンタメ情報サイトCafe Mirageさんに大須シアターカフェは冬も熱い として大須にじいろ映画祭&東海林監督短編上映会&小島ケイタニーラブライブ 『夜の掌編集』をご紹介いただきました!ありがとうございます!体感は寒いよ!
大須にじいろ映画祭は2/17.18の2日間、東海林監督特集は2/23の開催です。どちらも1回限りの上映なので、お見逃しなく!

4/1(日) シアターカフェ6周年記念パーティー

シアターカフェ6周年記念パーティー
おかげさまで4/1でシアターカフェも6周年を迎えます!これも皆様のおかげと感謝しております。
そこでささやかなパーティーを開催しますので、ご都合よい方はどうぞご参加くださいませ。
餃子(ホットプレート&水餃子)と軽食とドリンクなどご用意しますが、差し入れ歓迎!お待ちしております。

日時 4/1(日)18:00~20:30   
会費 1000円(ドリンク、軽食ご用意します)差し入れも歓迎です

3月のマンスリースケジュールのおしらせ

あっという間に1月も終わって、節分になりました。大須はすごい人だかりです。人ごみが苦手な人はシアターカフェに遊びにきてね。
3月のマンスリースケジュールができたので、まずはブログでご紹介します。カレンダーもチェックしてね。
10(土)、11(日) 近藤笑菜映画祭in Theatercafe
地元出身の近藤笑菜さんの特集上映を開催します。出演作品7作品の上映です。もちろん来場予定なので、ぜひ予定を開けておいてくださいね。大須にじいろ映画祭コンペの『マイ・シェアメイト』にも出演してます!あわせてどうぞ。
24(土)、25(日) 『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』
最新作『スティルライフオブメモリーズ』が話題になりそうな矢崎仁司監督の名古屋未公開作品です。ミラクルな群像劇なので、何回も見たくなる。リピート割も実施。監督も来場予定です。
〈展示イベント〉
NEO IN‐CHARA exhibition 2/23(金)-3/5(月)13:00-21:00 ※初日15時~、最終日20時まで 火水木は定休日です
T橋N子、桃源郷ゆきさんの2人展です。

ほかスケジュールが空いている日時はレンタルも募集しております。3時間6000円と利用しやすいお値段ですので、ぜひ。

4/7(土)~ 『蹄』完成記念 木村あさぎ監督特集 

『蹄』完成記念 木村あさぎ監督特集 
『蹄』完成を記念して、前作『鱗のない魚』をあわせた木村あさぎ監督特集を開催いたします。

上映スケジュール
4/7(土)、4/8(日) 連日16/19時
木村監督来場予定です。

料金 1500円 

ご予約はこちら


上映作品(2作品計95分) 
『蹄』(2017年/65分)監督:木村あさぎ

出演:木村知貴 イシヅカユウ 打越梨子 木村正明 秦かのこ
hizume01 - コピー_R
hizume2 - コピー_R
hizume04 - コピー_R
溢れ出す
のたうつ
ひねる
追いかける
滞留する
いくつかのからだ 
についての3つの物語

1 匂いをめくる
2 床のめに手をそえる
3 ようすいをのむ

予告 https://youtu.be/_2iVJgNYROQ
作品サイト http://hizumemovie.tumblr.com

『鱗のない魚』(2016年/30分)監督;木村あさぎ
出演:島仲こすも 竹内瑞希

鱗のない魚01 (1) - コピー_R
鱗のない魚03_R
私の二人の友人を撮ったドキュメンタリー映像から着想を得て紡ぎ出した物語。SM嬢として働く女と痛みを感じない女との交わりを通して
そこにあるからだと私との距離を見つめた。
2017イメージフォーラムメスティバル(IFF)ジャパントゥモロウ部門 優秀賞
予告 https://youtu.be/93pwc1U4w34
作品サイト  https://asagikimura.tumblr.com/urokononaisakana

木村あさぎ監督プロフィール
asagikimura_profile - コピー_R
1994年沖縄県生まれ。
2016年イメージフォーラム映像研究所卒
得体の知れない、からだを撮り続けたい。
今は祖父と水辺で生きる植物に興味があります。

3/10(土)~ 近藤笑菜映画祭in Theatercafe

近藤笑菜映画祭in Theatercafe
地元出身、アクションもできる女優/近藤笑菜さんの特集上映をいたします。大須にじいろ映画祭2018上映『マイ・シェアメイト』にも出演されていて、出演作品並べたらそうそうたる監督が♪ぜひこの機会にご覧くださいませ。『霊的ボリシェヴィキ』の公開も控えてるので、楽しみですね!

上映スケジュール
3/10(土)、11(日)
10(土) 15:00A/17:00B/19:00C
11(日) 15:00B/17:00C/19:00A
※ゲスト情報などは更新していきます

料金 1プログラム 1000円/1日券 2500円(当日のみ有効)


ご予約はこちら

上映作品
Aプログラム(3作品85分)
『檸檬』(2017年/25分11秒)監督:成瀬都香

出演:西山 真来、近藤 笑菜、村田 啓次
檸檬1_R
子供が欲しいのにセックスレスから脱け出せない主婦・菜々子。旦那には甘えたくても甘えられず、イライラが募る日々。そんなある日、妊婦の妹・茜がふらっと遊びに来る。
監督略歴
29歳。映画美学校フィクションコース20期生。在学中。
「自意識過剰な女性の痛々しさと可愛らしさ」を描きたい。

『NONE』(2015年32分)監督:大畑創
出演:石川絢子、勝地翔馬、大田優介、酒井杏奈、近藤笑菜 / 森田亜紀

none_R.jpg
あるはずのない幻覚や妄想に悩まされる遥。光佑はそんな遥を丁寧に労わる。ある日、遥は「ハイテク犯罪被害者グループ」の活動に出会い、自分が感じていた幻覚や妄想は、人為的なものなのだと思い込んでしまう。
監督略歴
映画美学校修了。2009年『大拳銃』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭と第31回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞をW受賞。その後、『怪談新耳袋 百物語』でデビュー。2012年、『へんげ』が第16回ファンタジア映画祭にて特別賞を受賞。2014年は『稲川怪談 かたりべ』を監督、2015年には『ABC・オブ・デス2』『リアル鬼ごっこライジング』『鬼談百景』などのオムニバスに参加。2016年『EVIL IDOL SONG』を監督。2017年は、「HKT48×48人の映画監督たち」に参加し『SUBTERRANEAN WORLD』を監督。

『あなたと食べたいワッフルコーン』(2015年/28分)監督:小宮山芽以
出演:石川絢子、鐸木のすり、岩崎緑、近藤笑菜

ワッフルコーン_R
世界を生き抜く術を彼女たちは知っている。
監督略歴
1992年9月10日生まれ。文化学園大学・ENBUゼミナール卒業。監督作「あなたと食べたいワッフルコーン」が第三回新人監督映画祭フォアキャスト部門に選出される。
2017年からは映像のスタイリストを目指し、アシスタントとして活動中。スタイリストとしての参加作品に、WEBドラマ「あなたの物語」(望月葉子監督)、「檸檬」(成瀬都香監督)、「聖なるもの」(岩切一空監督)、HAMIDASYSTEM MV「蝉の声」がある。


Bプログラム(2作品75分)
『キオク』(2015年/15分)監督:佐藤志穂
出演:小畑はづき、近藤笑菜、AKOU

kioku1_R.jpg
一晩だけ認知症の祖父を見る事になった春。祖父がいる事を内緒で幼馴染みの鈴を泊まりに誘う。くつろいでいると突然祖父が現れる。年寄り嫌いの鈴に泊まりを頼み、今晩だけならと2人で見る事に。深夜の不思議な祖父の行動、記憶が全く残ってないと思っていた春だったが…
監督略歴
青森県三沢市出身。1984年(59年)9月8日生まれ。介護福祉士。
映画を撮りたいと思ったきっかけは、介護の仕事について約10年毎年新しい新人さんが入る度に一人は就職先がなくて…の台詞。介護は苦労したり大変な部分も多いけど、楽しい面も沢山ある。認知症の方だって、すべてを忘れてるわけじゃないし感情、心のどこかに忘れたくない思い出がある。本当に下手くそな映画だけど、少しでも皆さんの心に引っかかり介護とは?認知症とは?と考える時間ができたら幸いです!!!

『わたしと僕の友情結婚』(2015年/60分)監督:金井純一
出演:石川絢子、小川恵、近藤笑菜、酒井杏奈、佐藤友香、寺内絵美子、見崎由佳、勝地翔馬、加藤雅彦、河原隆乃介、栗田一生、髙井宏樹、宇都宮マロニエ、永田健、村上寛明、横山裕彦

wata21_R.jpg
ぼくは男が好き。わたしは女が好き。お見合いパーティーに集められた15人は、全員セクシャルマイノリティーだった。
監督略歴
1983 年 6 月 27 日生まれ、埼玉県出身。 大学在学中よりドキュメンタリー作品をはじめとした映像作品を製作。2011 年には VIPO(映像産業振興機構)で選出され「ペダルの行方」を 35mm フィ ルムで制作。ドバイ国際映画祭でアジアアフリカ映画短編コンペティション部 門に選ばれる。2012 年、短編「転校生」が第 7 回札幌国際短編映画祭にて最 優秀監督賞、最優秀国内作品賞の 2 冠を達成。第 17 回釜山国際映画祭ではソ ンジェ賞特別賞を受賞。2013 年 11 月公開の「ゆるせない、逢いたい」で劇場長編映画デビュー。2013 年釜山国際映画祭 NewCurrents、香港アジア映画祭、モロッコマラケシュ映画祭、フランスウズール国際映画祭でコンペティシ ョン部門にノミネートされ、ウズール国際映画祭では観客賞を受賞した。 2014 年公開の映画「さよならケーキとふしぎなランプ」は、吉祥寺バウスシ アタークロージング作品に選ばれた。


Cプログラム(2作品82分)
『トーチソングス・グレイテスト・ヒッツ』(2014年/67分)監督:平波亘
出演: 酒井杏奈、石川絢子、近藤笑菜、寺内絵美子、河原隆之介、栗田一生

トーチソング_R
「トーチソング」とは片想いや失恋を歌った歌のこと。そんな想いを抱いた若者たちのドラマと、劇中である台本に向かい合う若手俳優たちの姿が錯綜する。今日も世界中で生まれてる小さな想いに敬意を込めて。
監督略歴
長野県出身。2004年よりインディーズ/商業分け隔てなく映画を中心に活動している。主な監督作品として『スケルツォ』『青すぎたギルティー』『労働者階級の悪役』『東京戯曲』『ハッピートイ』など。近年は舞台演出も手がけ、助監督としても参加作品多数。2018年は監督最新作が上映予定。

『スタンドバイさくこ』(2014年/15分)監督:笹沼未冬
出演:近藤笑菜、若松朋茂

さくこ_R
恋に縁遠く、でもそのことを自分では特に気にせず生きてきた。でも心のどこかで気にしてる。そういう欲望を知らないうちに食べることによって解消していた。しかし好きだった男の子と出会う。そんな時主人公が起こす行動とは!!!!!
監督略歴
1991年生まれ。映画の専門学校に1年通い、その後はバラエティ番組やドラマや映画の助監督をしている。ラーメン二郎が好き。

近藤笑菜プロフィール
main画像_R
1993年3月14日生まれ。愛知県尾張旭市出身。ハーモニック所属。小学校〜大学まで地元愛知で過ごし、2014年に上京。平波亘監督「トーチソングス・グレイテスト・ヒッツ」でスクリーンデビューをする。地元が好きで、ぜひ地元でも上映を!と考えていたところ、今回、念願の特集上映となった。
主な出演作に、市井昌秀監督「ハルチカ」、高橋洋監督「霊的ボリシェヴィキ」などがある。枝優花監督「少女邂逅」の公開を控えている。昨年から数年ぶりに舞台も挑戦し始め、月刊「根本宗子」第15号「紛れもなく、私が真ん中の日(仮)」(4/30-5/13,浅草九劇)への出演も控えている。



掲載情報/サカエ経済新聞さん 大須にじいろ映画祭2018

サカエ経済新聞さまに大須にじいろ映画祭2018のご紹介をしていただきました。ありがとうございます。
4回目を迎える大須にじいろ映画祭2018は2/17(土)シアターカフェ、2/18(日)大須演芸場にて開催いたします。今回もトークあり、コンペあり、交流会ありで盛り沢山です。ここでしか見れない作品、名古屋未公開だった作品も見れますよ。どなたさまもお気軽にお越しくださいませ。公式サイトはこちら。チケットは2/3(土)から発売します!

2017年映画マイベスト10

2017年映画マイベスト10
今年は昨年同様、映画祭などを除き、映画館で見た作品は横ばいの150本。生活環境の変化でレイトショー枠が見に行けなくなったことも大きな原因で、自主映画減ってしまいました。残念。ベスト10は迷いながら出したので、その日の気分だったりします。

2017年マイベスト10(順位なし)
無垢の祈り
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
愚行録
我は神なり
KUBO 二本の弦の秘密
婚約者の友人
スイス・アーミーマン
マンチェスター・バイ・ザ・シー
ラビング
お嬢さん

次点 
新感染
コクソン
ハクソーリッジ
ディストピア パンドラの少女

『無垢の祈り』は昨年に入ってることが多いんですが、見たのが2017年なので。ソフト化無理なので、2回みました。配信はされてましたがね。なんとかソフト化されてほしいです。
そして1/28(日)にベスト10大会やりますので、よかったら。参加者はご予約時にベスト10も教えていただけると助かります。
詳細はこちら
お待ちしてます。

3/24(土)~ 『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』

『1+1=1 1(イチタスイチハイチイチ)』(2012年/66分)
監督:矢崎仁司 製作・配給:映画24区
脚本:矢崎仁司 武田知愛
出演:喜多陽子、粟島瑞丸、松林麗、気谷ゆみか、水澤 紳吾、田口トモロヲ

「1_1=1 1」メイン画像_R
「1_1=1 1」サブ画像2_R
1人と、1人。
壊す人。壊れるもの。壊れる関係。壊れる時間。
揺れ動く感情たち。
誰もが流れていく日常の中で、時を止める一瞬。
今、映画の初期微動が始まる。
日本映画を代表する多彩な映画監督たちとの出会いで学んだ映画24区の俳優たち。映画24区第2回製作作品『1+1=1 1』は、人+人で誕生した。名古屋未公開作品。
予告編はこちら。 

矢崎仁司監督プロフィール
yazaki_R.jpg
日本大学芸術学部映画学科在学中に、『風たちの午後』で監督デビュー。1992 年、『三月のライオン』でベルギー王室主催ルイス・ブニュエルの『黄金時代』賞を受けるなど、国際的に高い評価を得る。1995 年、文化庁芸術家海外研修員として渡英し、『花を摘む少女 虫を殺す少女』を監督。主な作品に、『ストロベリーショートケイクス』(2006 年)、『スイートリトルライズ』(2010 年)、『不倫純愛』(2011 年)、『1+1=1 1』(2012 年)、『太陽の坐る場所』(2014 年)、『×××KISS KISS KISS』(2015 年)、『無伴奏』(2016 年)など。

上映スケジュール
3/24(土).25(日)
15:30/17:30/19:30 1日3回
舞台挨拶等詳細は更新していきます。

ご予約はこちら

料金 1000円 
リピーター割引き 800円※チラシに押印していきますので、2回以上みる方はチラシを提出してください。

2/23(金) シアターカフェ5周年記念大開放祭グランプリ 東海林監督短編上映会&小島ケイタニーラブライブ 『夜の掌編集』

シアターカフェ5周年記念大開放祭グランプリ 東海林監督短編上映会&小島ケイタニーラブライブ 『夜の掌編集』
夜型人間だからなのか僕の自主映画は夜のシーンばかりな事に気付きました。そんなこんなで夜の猥雑な鮮やかさと包み込むような静けさを切り取った自主作品を集めました。じわりと夜に溶け出すような小島ケイタニーラブさんの音楽とともにお楽しみください。 (東海林 毅) 

日時:2/23(金) 19時~21時
料金:2500円(1ドリンク付き)
※来場者全員に小島ケイタニーラブによる「ピンぼけシティライツ」&「老ナルキソス」オリジナルサウンドトラックCDをプレゼント!
「ピンぼけシティライツ」主演 星能豊さん来場予定!!new!

ご予約はこちら


上映作品(3作品59分)
『23:60 にじゅうさんじろくじゅっぷん』(2007年/20分)
 出演:井口龍太(声) 
23_60_still_2017_001_R.jpg
ネットゲームの世界を舞台にしたチャットログによる会話劇アニメーション。アバターを介したコミュニケーションの希薄な肉体感覚、故に際立つ人間の存在をひと組の男女が体験する一夜の出来事を通じて表現する。ゲーム内の世界はプレイを追体験してもらうことに主眼をおき常にプレイヤーキャラクターが画面中央に配置されるように制作した。

『ピンぼけシティライツ』(2016年/18分) 出演:星能豊 梅沢佐季子 真田幹也 平井夏貴 ほか
pinboke_04_R.jpg
落ちぶれたカメラマン菊川の前にかつて菊川が撮影したグラビアアイドルの立花えみりが幽霊となって現れる。家を追い出された菊川と成仏できない立花。居場所のない二人は夜の東京で本音をぶつけ合う。夜の東京に小島ケイタニーラブの音楽がふんわり響くオフビートなファンタジー。

『老ナルキソス』(2017年/21分) 出演:田村泰二郎 高橋里央 佐野弘樹 蒲生映与 ほか
老ナルキソス001_R
ゲイでナルシストの老絵本作家・山崎(田村泰二郎)は老いて醜く衰えゆく自分の姿に耐えられない。山崎はある夜、若く美しい男性レオ(高橋里央)に出会う。レオとのプレイ中に倒れた山崎は老いの苦しみを打ち明けるが年若いレオには響かない。溺れ死ぬ時を逃し年老いたナルキソスの運命は……。

東海林毅プロフィール
syouji_R.jpg
武蔵野美術大学在学中から映像作家活動を開始し1995年東京国際レズビアン&ゲイ フィルムフェスティバルコンペ部門にて審査員特別賞を受賞。「劇場版 喧嘩番長」シリーズなど商業映画の監督、CMやテレビ番組の演出・VFXと幅広く活動している。オムニバス短編映画「がむしゃらソールドアウト!」が2018年3月公開予定。

◎ライブ
小島ケイタニーラブ

小島ケイタニーラブ_R
音楽家・歌手。一見ゆるくも深遠な歌詞世界を紡ぐ。主な作品に楽曲『毛布の日』(NHK「みんなのうた」)、アルバム『It’s a cry run』(スイッチ・パブリッシング)など。シンガポール作家祭など海外文芸祭への参加、朗読劇『銀河鉄道の夜』の音楽監督、言葉と歌のイベント「STORYTIME」監修など、言葉に寄り添いながら活動の幅を広げている。

共催:東海林毅