Entries

6/22(金)~ 『ラストラブレター』

『ラストラブレター』
第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞とキネマイスター賞をW受賞した『ラストラブレター』、東京、大阪での受賞凱旋上映に引き続き、名古屋でもお披露目いたします。レトロフューチャーで切ない世界をどうぞ。最新の新作短編も同時上映いたします。

上映スケジュール 2018年6月22日(金)~24(日)
6/22(金) 19:30
6/23(土)、24(日) 連日15:00/19:00

料金 1100円

ご予約はこちら


上映作品(2作品73分)
『ラストラブレター』(2016年/58分)
監督・脚本・編集:森田博之 出演:ミネオショウ、影山祐子、多田亜由美 製作・studio so-lars.

LLL_main_R.jpg
LLL_sub_01_R.jpg
今ではないいつかの未来。ここではないどこかの街。突然の事故で妻の晶子を失った隆。 2年が過ぎても、未だに大きい喪失感を抱える隆は、晶子をヒューマノイドとして蘇らせることを決意する。
第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞、キネマイスター賞W受賞
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、札幌国際短編映画祭ノミネート
公式サイトはこちら
©️studio so-lars.

併映『世界で一番最後の魔法』(2018年/15分)
監督・脚本・編集:森田博之 出演:中神円、ミネオショウ 製作:rhapsodie film

wizard_01_R.jpg
wizard_02_R.jpg
SNSで“魔法使い”と名乗る女は、“筑前煮”と名乗る男と定食屋で出会う。男は本当の魔法使いを探していた。女には東京に来たある目的があった。
第5回岩槻映画祭 短編コンペ部門入選

森田博之監督プロフィール
morita (1)_R
第11回田辺・弁慶映画祭」キネマイスター賞 & 映画.com賞受賞作品『ラストラブレター』監督。1984年埼玉県出身。埼玉県立芸術総合高校在学中に映画制作を始める。日本映画学校卒業後、演出部、制作部として劇場用映画に参加。これまで監督した自主制作映画は水戸短編映像祭、札幌国際短編映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などで上映。『カラガラ』(2012)が第6回 田辺・弁慶映画祭に入選。新作短編「世界で一番最後の魔法」が第5回岩槻映画祭入選。テアトル新宿でも上映される。