Entries

6/9(土)~ 磯部鉄平監督特集上映

磯部鉄平監督特集上映
磯部鉄平監督とはシアターカフェでは5周年記念大開放祭で出会い、今やたくさんの映画祭で名前を見かけるようになりましたね。編集や撮影、助監督でかかわった作品も数知れず、多作です!今回は2016年以降に撮影した短編4本と新作短編を上映いたします。

上映スケジュール
6/9(土) 17:00A/19:00B
6/10(日) 17:00B/19:00A

料金 1プロ1000円(2プロで1800円 同日に限る)

ご予約はこちら


Aプロ(3作品65分)
『海へ行くつもりじゃなかった』(2016年30分)
監督・脚本・編集:磯部鉄平 出演:時光陸、川岸里菜、南羽真里、上西雄大、桐山篤、岩本守弘、福田善晴 製作:belly roll film

海_R
元カノの結婚式から逃げ出した麻来はやけ酒を煽り、夜の街でリナと出会う。
翌日2人は再会。海へ行くことになる。
・第12回札幌国際短編映画祭 Japan Panoramaプログラム 入選
・おおぶショートフィルムフェスティバル 最優秀作品賞
・第19回長岡インディーズムービーコンペティション 監督賞、座C!nema賞
・第3回賢島映画祭 主演男優賞(時光 陸)
・第9回映像グランプリ 若獅子賞
・第1回純喫茶キネマ座映画祭 観客賞
・第15回中之島映画祭 入選
・福井駅前短編映画祭2017 入選
・第4回新人監督映画祭 入選
・21st CHOFU SHORT FLIM COMPETITION 入選

『ユニバーサル・グラビテーション』(2016年/8分)
監督:磯部鉄平 出演:GON、松本真依、南羽真里、白井宏幸、河口仁 製作:belly roll film

ユニバーサル_R
河川敷でBBQをしている男女5人。日が落ちて彼らの向かう先とは。
・48HFP OSAKA2016 編集賞、ビジュアルデザイン賞
・第10回O!!iDO短編映画祭 監督賞
・第7回ポレポレ映画祭 サンシャイン賞
・第5回OKAYAMAショートムービー祭 フラスコ賞
・海老名ジ・インディーズ映画祭2017 入選
・第3回立川名画座通り映画祭 入選

『予定は未定』(2018年/27分)
監督・編集:磯部鉄平 出演:屋敷紘子、辰寿広美、南羽真里、時光陸、白井宏幸、土佐和成、山中アラタほか 製作:RECIPRO/belly roll film

予定1_R
40歳を前にして独身の純子はお節介な叔母からお見合いを勧められるがピンとこない。
そんな彼女の元にある日、1枚の紙飛行機が飛んでくる。開いてみると男性の欄だけが埋められた婚姻届だった。
・第13回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門 入選
・第5回岩槻映画祭 短編部門 入選

Bプロ(3作品約73分)
ハロルドMV「Grapefruit」(2015年/5分)
監督・編集:磯部鉄平 出演:カレン、ハロルド

harold_A_R.jpg

『真夜中モラトリアム』(2017年/23分)
監督・編集:磯部鉄平 出演:南羽真里、GON、時光陸、西川莉子、永井和男、岩本守弘、松本真依 製作:belly roll film

mayonaka_A_R.jpg
高校の仲良しグループだった5人はリーダー的存在だった松元麻衣子の葬式帰りにささやかなお別れ会をする。久しぶりの再会に話も弾むが…
・Kisssh-Kissssssh映画祭2017 短編部門 グランプリ
・第10回O!!iDO短編映画祭 監督賞
・うえだ城下町映画祭 第15回自主制作映画コンテスト 入選
・第9回映像グランプリ 入選
・夜空と交差する森の映画祭2017 上映
・第11回田辺・弁慶映画祭 上映

『オーバーナイトウォーク』(2018年/43分)
監督・脚本・編集:磯部鉄平 出演:高田怜子、屋敷紘子、安楽涼、細川博司、佐々木仁、竹田哲朗ほか 製作:belly roll film

over_A_R.jpg
さくらは27歳の売れない女優。ヌードのオファーを受けるかどうか悩んでいた。そんな時、さくらの姉百合子がいきなり東京に訪ねてくる。故郷を捨てた妹と故郷を離れなかった姉。姉妹2人きりの下北沢から新宿まで夜中の散歩がはじまった。

磯部鉄平監督プロフィール
kanotku_R.jpg
ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業。
小谷忠典監督のドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品』(2015)に海外撮影スタッフとして参加。帰国後は映像フリーランスとして企業VP、MVのディレクターや、インディーズ映画のスタッフとして活動する。
2016年から自主映画製作を再開。国内の映画祭に多数入選、受賞する。
2019年に長編作品『かば-西成を生きた教師と生徒ら-』がクランクイン予定。
公式サイトはこちら