Entries

GEIDAI ANIMATION 03 TALKのこと

お疲れ様です、ミドリンゴです。
今日はなんだか蒸し暑かったですね~~。

さてシアターカフェの今週末は
東京藝大映像研究科アニメーション専攻の作品を上映します~!
今年の3月に横浜と東京で上映されたばかりのプログラム
東海地域では初上映です。

アニメーション専攻といえば
愛知県ご出身の短編アニメーション監督・山村浩二氏が教授をされています。
また、NHK教育のプチプチアニメ「ニャッキ」などを制作された
伊藤有壱氏も教授をされています。

アニメーション専攻は
国内外のアニメーション監督やプロデューサーなど
アニメーション業界の関係者を招いたトークやワークショップも
さかんに行われ、一部は部外者も聴講できたりします。

私も数回、公開講座へ参加しました。
どの回も興味深くおもしろい内容でした。
エストニアのアニメーション制作事情と歴史が垣間見られたパルン夫妻のトーク、
カナダNFBでアニメーションを制作していたキャロライン・リーフ氏の
自由で豊かな芸術的精神が伝わるトークなど
それぞれ参加する意義の高い内容ばかりでした。
遠方なのでたまにしか参加できず残念です。。。

機材もそろっていて、以前覗かせていただいた感じでは
学生の方は一人にひとつ、自分専用の制作ブースがあり
じっくりと取り組んでアニメーションをつくる環境が整っている印象でした。

また、大学院のため、
実績がすでにある学生の方もいたりします。
アニメーション専攻でこれまで修了制作された作品は
国内外のさまざまな短編やアニメーションの映画祭コンペティションに応募され
これまでにいろいろな国で上映されています。

そんな環境のなかで産まれた
最新の作品の数々がシアターカフェにやってきます。

パソコンのスペック向上、ソフトウェアの充実、
インターネット環境が整った現代は、
個人でアニメーションを制作する人たちが
とても増えています。

その中で、自分の表現を確立させることと
どうやって制作を続けていくのかということを
模索している方たちに
ぜひ両日に開催するトークも聞いていただきたいです。

そして、当店はちいさなお店なので
制作者の方に気軽に話しかけて感想を伝えたり、質問などして
交流していただければと思います。

こまごまと書きましたが、
ユーモアたっぷりの温かいストーリーものもあれば
皮肉の聞いた可笑しく軽妙な作品もあり
かと思えば、重厚に人間関係を描いた心に残る作品もあり…
さまざまな技法やテーマでつくられた
豊かなアニメーション作品の世界が体験できます。

いろいろな方にお世話になり、楽しみにして準備をしましたので
ぜひぜひ足をお運びいただければ、とても嬉しいです!!!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/80-6626f360

トラックバック

[T15] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-05-24 02:50

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する