Entries

アルスエレクトロニカ・アニメーション・フェスティバル2016 名古屋上映


オーストリア・リンツの老舗メディアフェスティバル内プログラム「アルスエレクトロニカ・アニメーション・フェスティバル2016」は、世界中から応募されるアニメーション映像作品のコンペティションです。今回は、6プログラムを3組に分けてご紹介します。商業映画やCMのデモリール、最新のモーショングラフィックスやMV/PVからアートフィルムまで、従来のアニメーションの枠にはまらない幅広いデジタル映像作品を、一気に眺望できる魅力的な作品群を、ぜひご覧ください!(日本語字幕なし)

料金 無料 ※ただし、1プログラムごと、要1ドリンク(500円)注文
定員 各回15名
協力 アルス・エレクトロニカ、オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム



上映スケジュール
9/1(金)19:00A
9/2(土)14:00A/16:00B/18:00C
9/4(月)19:00B
9/8(金)19:00C
9/9(土) 14:00B/16:00C/18:00A
9/10(日) 14:00A/16:00B/18:00C
9/11(月) )19:00A



プログラム(43本)

Aプログラム(18本/86分)
Abstract(9本/47分)
映画にとどまらない抽象的な映像作品は、今や幅広い技術が使われ、複雑なビジュアルを生み出しています。そうした様々な作品をお楽しみください。
01.『Rhizome』(11:26)Boris Labbé (Sacrebleu Productions) (FR)Golden Nica/グランプリ
A2_7001
02.『7001』(05:31)Nataša Teofilović (RS)Honorary Mention
03.『geist.xyz』(02:30)ZEITGUISED (DE), Superimposed Void (DE)Honorary Mention
04.『L’OEil du Cyclone』(05:03)Masanobu Hiraoka (Je Regarde) (JP)
05.『FLUX』(01:47)Karel Dhondt (BE)
06.『Seven Rooms』(06:25)Martin Fütterer (DE)(Filmakademie Baden-Württemberg)
07.『vitreous』(03:24)Robert Seidel (DE)
A7_Vitreous
08.『Quimtai』(06:05)Camilo Colmenares (CO)
09.『On China Sea』(04:05)Thomas Porett (Digital Imagery Ltd.) (US)
Expanded&Experimental 拡張と実験(9本/39分)
実験的で刺激的なアニメーションに収まらない表現の作品が集まりました。それは、現実を拡張するような映像空間を作り出し、ゲームとの混成や、風景を変化させます。
01.『Nosaj Thing / Cold Stares ft. Chance The Rapper + The O’My’s』(02:55)ELEVENPLAY (JP), Daito Manabe (JP), MIKIKO (JP), Rhizomatiks Research (JP), TAKCOM (JP)Award of Distinction
02.『Coordinated Movement』(03:11)Mike Pelletier (CA)Honorary Mention
03.『Bio-Inspire FullDome AV Performance』05:00) Bahadir Dağdelen, Yusuf Emre Kucur (VOID) (TR)Honorary Mention
04.『Process: Breath』(05:15)Line Klungseth Johansen (NO)
05.『ΔPurgatorio』(06:56)Scott Gelber (US), Zac Traeger (US)
06.『The Eidolon Splits』(03:42)DEPART (AT)
07.『lull』(03:02)AV&C (US)
08.『Project Nimbus』(04:12)Dave Lynch, Mike Nix (UK)
09.『Virtual Depictions : San Francisco』(04:41)Refik Anadol (TR)

Bプログラム(19本/97分)
Deconstructed Realities 現実の再構築(8本/49分)
他愛ない出来事や都市生活における建築を伴って、哲学的な感覚を再構築するような作品集です。ネオンサインや映像が、日常の公共空間から、別の領域へ観客を誘います。。
1.『Tehran-Geles』(18:00)Arash Nassiri (Le Fresnoy) (IR) Honorary Mention
2.『Ghost Cell』(06:50)Antoine Delacharlery (FR) Honorary Mention
3.『Microscopic Leaps』(01:58)Markos Kay (UK)
4.『Seed』(03:29)Manuel Casasola Merkle (Aixsponza) (DE)
5.『Semi-Permanent 2015』(03:13)Raoul Marks (AU)
6.『A Place I´ve Never Been』(04:40)Adrian Flury (CH), Jeroen Visser (NL)
7.『Ex Terrat』(05:45)Reinhold Bidner (AT)
B7_Ex Terrat
8『INPUT/OUTPUT』(04:08)Terri Timely (US)
Visuals&Sound 映像と音(11本/48分)
音と映像の、多様な関係性を見せるMVとサウンドアート作品集です。古典的な形式から最新のプログラムや機器を使用したものまで、遊びたわむれる音像の相互作用が見どころです。
01.『Never Say Never』(05:58)Saman Kesh (Skunk) (IR)Honorary Mention
02.『Back & Forth』(03:00)Thomas Porthé (FR), 20syl (FR)
03.『Hide』(05:16)Christian Stangl, Strange Freedom (AT)
04.『HNN “Je pars”』(04:43)Hugo Arcier (FR)
05.『Frank Riggio - TTTT』(03:56)Mert Kizilay (TR/US), Frank Riggio (FR)
06.『Memex - Duologue』(04:21)Marshmallow Laser Feast,Studio Analog (UK)
07.『Art Department – Walls』(03:25)Hugo Moreno, Grandson & Son, Jonny White (THE FIELD) (FR)
08.『The Last Goodbye』(06:16)Brutus Collective (FR)
09.『Soundloom』(04:12)Craig Ritchie Allan (numbercult) (UK)
10.『SISSI RADA - SUNDAY』(02:52)schnellebuntebilder, SISSI RADA (DE)
11.『Valentino Khan – Deep Down Low』(03:05)Ian Pons Jewell (UK)

Cプログラム(11本/100分)
Narration ドラマ(6本/45分)

ストーリー中心の作品をご覧いただけます。サイゴンの少女の、悲劇的な友情と記憶の物語などです。
01.『Batz』(07:00)Maléo Maxime, Aurélien Prédal (FR)
その他数作品
Statement 状態(5本/53分)
現代の、環境や社会問題を扱った作品集です。コメディからシリアスに変貌する様をお楽しみください。
01.『Peripheria』(12:02)David Coquard Dassault (FR)Award of Distinction
02.『The Race』(14:36)Michael Le Meur (FR)
03.『Estate』(07:26)Ronny Trocker (IT)
C3_Estate.jpg

04.『GREEN』(03:20)bif (UK)
05.『Cold Coffee』(14:53) Stephanie Lansaque and Francois Leroy (FR)