Entries

思い入れまたは思い込み その3 白石晃士監督×宇野祥平

本日でNO NAME FILMSも終わってしまいました。泣く泣く見逃した方、すいません。またの機会にシアターカフェを覗きに来てね。
超・悪人
さて、オープニング上映の「鵜野」「ラーメン」に引き続き、宇野祥平くんおしのかっぱさんです。朝のNHK「おはよう日本」で「鵜野」が大写しになったときはドキドキしました。まさかのNHKさんで「鵜野」が映るとは!!さすがにラーメンはほぼ全裸なので無理でした…。余談でした。
そして次回は「オカルト」でも最狂コンビを見せつけた白石晃士監督と宇野くんのコラボ作品です。この「超・暴力人間」は「超・悪人」という、これまたすんごいラブストーリー(!?)のパイロット版として作られた作品です。1カットで作る予定でしたが、カット割って1日で撮った作品です。宇野くんが自称悪者を制裁するヒーローとしての「暴力人間」を演じているんですが、あまりの××ワードの連発に気分を害する方もいらっしゃるかと思いますが、しばらくガマンガマン。ま、このガマンを続けていると最後にとってもスッキリした気分になると思います(笑)。なんやかんやいって実は白石監督は愛妻家ですし、フェミなものが根底にあると私は思っています(笑)。
もう1本「ハイパーミニマルムービーズ!」はシネマスコーレでの「ハイパーミニマルムービーズin名古屋」の期間中、3人の監督が現地名古屋にて3日間で撮影・編集・完成・上映した、全3話の即席オムニバスムービー。
作品は
中川究矢監督  「internet radio“dogma96”」 名古屋でラジオの取材というカタチで街頭インタビューを行ったドグマ方式(?)大須ももちろん写ってますので、要チェック!
白石晃士監督  「ハイパーミニマルラブストーリー」 ご存知宇野くん主演。場所はおわかりの方はわかるはず。
寺内康太郎監督 「続・ぱんいち夫婦」 「ぱんいち夫婦」を見てなくてもわかる、かわいい夫婦の会話劇。
ナマエの通り、ハイパーミニマルムービーズとは、極めて小規模でありながら極めてハイパーに面白い映画です。地元名古屋感満載のこの作品はレアですよ!!見る機会も少ない作品だと思うので、ぜひこの機会に!
そんな見る人を選ぶ作品は5/12(土)からレイトで公開(大人向けだからね!!)
5/12(土)、13(日) 18:00/19:30
5/17(木)、18(金) 19:30の4日間6回の上映です。
ぜひお越しくださいね~。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/58-e22306bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する