Entries

「父の愛人」お客様コメントのご紹介

6/20(土)来場のお客様から「父の愛人」の感想などのコメントメモをいただきました。
以下ご紹介いたします。※一部抜粋
・こんなに小さなミニシアターにくるのは初めてでしたが、思い切って来てみてよかったです。「愛人」というどきっとするキーワードの入った作品なので、見終わった後、自分の心がどう動くかすごく興味がありましたが、登場する人物のどの人の心の動きも私自身の心に内在しているような気がしました。
・フワーッとした雰囲気が良いなと思いました。どれも悪い奴が出てこないところ、そして軽い中にメッセージが感じられて考えさせられる。次回作を期待しています。
・言葉にするのが難しいのですが、女性3人のそれぞれの気持ちにたってみることができた。人との向き合い方は、いろんな形があることを改めて感じた。終わったあと、温かいような、ふわふわした不思議な気持ちになれた。
・話のテーマは父親と愛人と娘と母親の関係で、重いというか、暗めの作品なのに、見終わったあとには、なんとなく頑張ろうかなと思えるような不思議な明るさのある作品でした。
・女性3人の関係の重ね方がリアルだと思いました。わかりあえるはずがない立場なのに、通じるものを感じてしまう人間の優しさが描かれている。一人の人の命が終わるかも知れないときだから、憎しみではなく、優しさに焦点があたっていくのかもしれませんね。

本日含め今週26(金)まで上映しています(火曜除く)。ぜひ多くの人に見てほしい作品です。
「父の愛人」ほか迫田公介監督特集の詳細はこちら