Entries

「ザグレブとアヌシー/アニメーション映画祭レポート」 します~

おひさしぶりです~、皆さんはお元気ですか?ミドリンゴです。暑くなったと思えば、夜はまだまだ寒いし、今年もへんなお天気ですねー。

さてさて、まもなく7月。月末の7/31(木)夜に、二つのアニメーション映画祭レポートをします。3年ぶりにクロアチアのザグレブ「ANIMAFEST」とフランスのアヌシー「The Annecy International Animation Film Festival and its Market (Mifa)」へ行きました。それぞれ古参の大きな国際アニメーション映画祭です。

しかしアベノミクスのせいでユーロが高く、物価もなんだか上がっていて、超緊縮財政でしたよ!ほぼ自炊で、外食はご飯4回、おやつ1回程度でした。パリはスターバックスラテのトールサイズが約500円弱、スイスはなんと700円くらい!絶対買いません。パリでマック食べると1回1000円くらい。。(食べなかったです)

クロアチアの映画祭は人柄の温かい参加しやすい雰囲気のフェスで、来場者のホスピタリティ担当スタッフにとても親切にしてもらいました。貸してもらった自転車でザグレブの町を走ったのが楽しかったです!
zagreb.jpg
公園の木に目がついてるのいつもあります。。

アヌシーの映画祭は、商業的で規模が大きいので、各国パーティとかサブイベントがいっぱいあって、友人に教えてもらい、日本とスイスのパーティに参加できました。昨年、オタワの映画祭で観た「The boy and the world」が観客賞+グランプリW受賞してました!
annecy.jpg
芝生広場の野外上映会で、「アナ雪」残り20分で電気全部落ちた

今回おもしろかったのは、海外で出会う日本人単独旅行者の独特加減と、パリの日本人観光客の多さでした。私もその中の一人だとおもうとさらに可笑しいです。
paris.jpg
子供服店ボントンとってもかわいかった。高すぎて。

それと、ルーブル美術館の「モナリザ」前に群がる大量の観光客。誰ももはや作品なんて見ていません。何をするかっていうと、モナリザと一緒に撮影大会です。すんごい何枚も撮ってて作品まったく見てないけど、その前から動きません。だいたい「モナリザ」自体も日本製のケースに覆われて、距離が遠いんで細かいマチエールとかよく見られません。もうすごい可笑しかったです。
monalisa.jpg

また、ずっと観たかった巨大人形劇のアトリエ「レ・マシーン・ド・リル」を観覧できたので良かったです。来場者が各マシンに乗せてもらえるので、私も7人乗りの巨大蟻に乗せてもらった。一番後ろの左足の演技を担当したけど、すごく重くて、これを生きているように他の人とタイミング合わせて動かすとか無理って思いました。。巨大人形劇は体力がいりますね。
machine.jpg

そんな感じでレポート当日は話さない内容を書いておきました。レポートは気楽な感じで行うので、夜暇だわーって人などぜひ遊びに来てください!ちょっとだけお土産ありです。

ザグレブとアヌシー/アニメーション映画祭レポート
日時 7/31(木)19:30-
料金 要1ドリンク(500円)注文
詳細 こちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/388-945876a6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する