Entries

「正気か、狂気か、日本映画界の異端児 中川究矢短編特集上映!」 作品紹介

最近では「KAZUYA世界一売れないミュージシャン」のプロデューサーとして大忙しの中川究矢さんですが、俳優の川連廣明さんとの映画企画連作プロジェクト、「ドグマ96」をたちあげています。以前、シネマスコーレでも「進化」、寺内康太郎監督の「ぱんいち夫婦」も公開されてますし、2012年5月にシアターカフェで上映した「ハイパーミニマルムービーズ」でご存知の方もいらっしゃいますね。という監督だけでなくプロデューサー、助監督、録音、音響効果など幅広く活動する中川究矢さんの監督作品を特集上映します!ここでしか見れないラインナップですよ。これから撮影に入る超新作もお目見え予定。それ以外の作品をちょこっとご紹介!

「正気か、狂気か、日本映画界の異端児 中川究矢短編特集上映!」 
Aプロ(約52分)
C_life_main_R.jpg
「クラッキングライフ」(2014年/42分)
監督・脚本・編集:中川究矢 出演:西村賢人、守屋和祐、さとう珠緒 製作:オフィスバード

中学時代にイジメにあって以来、引きこもり生活を続ける康平(19歳)はインターネットの動画サイトで偶然イジメの主犯格だった裕之を見つける。裕之は街中で喧嘩している人等を勝手に撮影してネットに投稿していた。康平は復讐の為に裕之に会いに行こうとするのだが…。さとう珠緒を母親役に迎え、ひきこもりの元イジメられっ子がいじめっ子と再会し、対峙して行く様を大胆な描写で描く!2014年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭[ニシ・ゾウイベント 復活!フォーラムシアター]上映作品
引きこもりやいじめ、盗撮や動画サイトなど現代社会の抱える問題も描き、緊張感もたせながらも“サーロイン”でほっこりさせます!!
予告はこちら
「核廃棄物を巡る近未来SF短編(仮)」(超新作。これから撮影/10分程度)
ワールドプレミア超新作短編!乞うご期待!!!!

Bプロ(33分)
houden_R.jpg
「放電」(2009年/28分)
監督・プロデューサー・撮影・編集・音響監督:中川究矢 プロデューサー・出演 川連廣明 出演:宇野祥平 製作:Power Arts Production 

「この世は電気で出来ている。おまえには電気が流れているか! 放電しているか! 」いったいこの男の言う電気とは何なのだ? 映像作家・中川究矢と俳優・川連廣明がプロデュースする短編映画連作プロジェクト“ドグマ96”の第2弾。『オカルト』の宇野祥平が不気味な謎の男を演じる超カルト作!
「電気してますか?」「元気してますか?」に聞こえがちなので、猪木を思い出しつつも、宇野くんにこうやってからまれたら、緊張するだろうなあと。いろいろな人が出てきます。
予告はこちら
「Vision」(2011年/4分)
監督・プロデューサー:中川究矢 出演:西山真来、川連廣明、須田浩章 製作:Power Arts Production
山形国際ドキュメンタリー映画祭2011参加作品(『銀鉛画報会』内)

彼女が見たものはいったいなんだったんだろう?8ミリフィルムのざらつきが余計ざわつかせます。

Cプロ(39分)
nisshyoku_R.jpg
「日蝕」(2012年/35分)
監督・脚本・撮影・編集:中川究矢 出演:土屋壮、菅原佳子、川連廣明、パン生地、松田祥一
製作:Power Arts Production

2012年5月20日の深夜、徹夜で仕事を終えた洋子と終電をなくしてしまった土屋は帰宅途中、翌朝が金環日蝕である事を思い出す。21日朝、日蝕を観るために立ち寄った原宿の歩道橋の上で元恋人だった2人は再会する…。2012年5月21日の金環日蝕の当日に、日蝕を見る人々で賑わう原宿の歩道橋の上で、実際の日蝕や群集の変化とリアルタイムに同期しながら撮影した小品ドラマ。
月と太陽がひととき重なるように、人も出会い、すれ違っていくんだなあ、としみじみ。リアルな金環日食が見れて嬉しい。あの日、あのときだからこそ撮れた作品。
「無限」(2013年/4分)
監督・作詞:中川究矢 歌・作曲・編曲:34423 ドラム演奏:kazuya matsumoto

「日蝕」のエンディングテーマ曲「無限」のPV。2013年発売のアルバム「Tough and Tender」も大好評なエレクトロニカアーティスト34423が珍しく作曲と歌を担当した。
とても好きです。まさか中川さんが詞を書いていたとは!!

中川究矢監督プロフィール
1979年生。京都出身。東京映像芸術学院卒。
2002年、映画監督園子温と出会い「夢の中へ」以後約5年程、園監督の助監督を務める。
現在は監督、プロデューサー、録音、音響効果など幅広く活動する傍ら、俳優川連廣明と短編映画連作プロジェクト“ドグマ96”を主催する。2013年〜2014年にかけて編集とアソシエイトプロデューサーを務めた「KAZUYA〜世界一売れないミュージシャン〜」がスマッシュヒット中。
その他上映イベントの企画なども行っている。
主な作品 「本日の猫事情」(声の出演 平野綾)、「放電」(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010正式出品)「進化」(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011正式出品、ニッポンコネクションフィルムフェスティバル正式出品)など。

上映スケジュール
5/17(土)18(日) C16:30/B18:00/A19:30
5/19(月)21(水) B19:30 
5/22(木)23(金) A19:30

料金 1プロ1000円、2プロ1500円、3プロ2000円(すべて1ドリンクつき)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/376-d058e12b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する