Entries

3/26〜"MICROMANIA [ ミクロマニア ]水江未来監督・藤田純平監督 特集上映"!

現在、展示中のMICROMANIA [ ミクロマニア ] 原画/ポスター展。
そして、いよいよ来週水曜(3/26)から
"MICROMANIA [ ミクロマニア ]水江未来監督・藤田純平監督 特集上映"が始まります!
micromania2014TOP.jpg

昨年8月に東京・国立新美術館で開催された「INTO ANIMATION 6」
(主催:日本アニメーション協会)で「BIBLIOMANIA」を観て、
すごくおもしろかったのでぜったい名古屋で上映したい!!!と思い、
監督の藤田純平氏にさっそく打診して、約半年前からゆっくり準備を進めてきました。

bibliomania00.jpg
「BIBLIOMANIA」監督:藤田純平+水江未来(2013年/23:00)

藤田氏は、毎回にぎわう短編アニメーション上映イベント
「TOKYO ANIMA」(@国立新美術館/東京)の発起人/実行委員もされています。
メールでお話を伺ったのでその一部をご紹介します。(全文は展示スペースに設置予定)

多摩美術大学在学時に必修課題で制作し、すっかりアニメーションの魅力にとりつかれた藤田氏。

「人間が地球からいなくなった後は何が残るんだろう」と考えたことから生まれた
「BIBLIOMANIA」は、卒業制作の全面的なリメイクだそうです。
2004年に書かれた脚本をもとに手直しをし、
2011年から制作開始し、お仕事と平行して、約1年半かけ完成。


登場人物は、実際の人間をコマ撮りするピクシレーションという技法で撮影されています。
実際の作業としては、スタジオでの撮影+他のアニメーション部分制作+編集など。

水江未来氏のアニメーションもコラージュのように組み合わされ、
複数の技法、要素が入り混じった、複雑で、見ごたえのある画面構成になっています。
そして、ストーリーやセリフから、作品のテーマを感じつつ楽しむことができます。
白黒ユーモアたっぷりに語られる、現代社会のメタファーあふれるアリス譚。
セリフもいっぱいあるし、わかりやすいと思います〜。

そしてネットにはUPされてません。
なかなか観られない作品なので、ぜひこの機会にご覧いただきたいです。
藤田氏と水江氏の、それぞれの短編アニメーション作品も同時上映するので
併せてお楽しみいただけると思います。
boukyakuboshi.jpg
「忘却星」監督:藤田純平(2011年/20:35)
MODERNno2.jpg
「MODERN NO.2」監督:水江未来(2011年/4:15)

また、藤田氏は現在、水江未来氏と協同制作の「ももんくん」
(平成25年度メディア芸術クリエイター育成支援事業採択企画/来年完成予定)という
アニメーション作品に着手されているとのこと!
こちらも楽しみです〜〜。

MICROMANIA [ ミクロマニア ]水江未来監督・藤田純平監督 特集上映
日時 3/26(水) - 3/31(月)平日19:30、土日15:00/19:30
料金 1500円(1ドリンク付)
詳細はこちら!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/366-f8ffe46f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する