Entries

M3と上映会3つ等レポート

先週末の台風すごかったですね!ミドリンゴです。
関東でいくつかのイベントへ参加してきました。

音系の即売会、M3へ行きました!
すごくおもしろかったです。

混むと聞いたのと、午後のスケジュールが詰まっていたので
先にパンフレットを、大須マニアックスさんで購入。
購入時にいろいろとどんなイベントなのかなど、店長さんに教えていただき
当日は開場時間より早めに向かうことに決めました。

朝9時半くらいにつくとすでにけっこう入口の列ができています。
第一会場と第二会場で列が違うので、とりあえず第一に並ぶ。
11時の開場時間になり、じょじょに入場。
パンフがスタッフに見えるよう大きく掲げながら入ります。

中に入ると先発隊の人たちですでにわさわさと混んでいます。
時期が秋なので、すごしやすい。
サークルさん情報を下調べをする時間がなかったので
とりあえず、全部の列を見ました。
イラストの雰囲気やジャンルも書いてあるので、
おもしろそうだなと思ったブースで長蛇の列などになってないところで、
視聴可な作品を聴かせていただき、いくつか購入しました~~!

ぐるぐる回っていると、自分がどんな絵柄や雰囲気のものが
好ましいのかよくわかりおもしろいです。
そんなに時間もなかったので見逃した作品の方が多かったと思います。
次の機会には、できれば事前に下調べして参加したいです。

さまざまなジャンルの出展があり、そこが魅力のひとつだなと思いました。
イラストもアニメや漫画っぽいものが多いなか、
違ったタッチのものもあるし
音楽は、DTMもあれば生演奏もあり、エレクトロニカ、テクノポップ、環境音楽、テクノ、その他いろいろ
オリジナルのドラマCDもありました。
企業ブースは機材やソフトの紹介や販売など。
また、ライブできるコーナーが、ちいさなスペースに隣あって
バイオリン、コントラバス、ピアニカ、二胡、打ち込みなど、いろんな演奏をされてました。
混沌具合がとてもおもしろかったです。
映像上映コーナーもあり、いろいろなPVが映っていました。

時間がないので入りませんでしたが、
販売されているCDを別途視聴できる専用コーナーもありました。

インターネット上で音楽が無料でいくらでも聴ける時代かもしれませんが、
このイベントではたくさんの来場者が好きなCDをいろいろお買い物していました。
1枚1枚も300円~1000円弱で買いやすく、昔の自主制作カセットテープみたいです。
顔が見える距離で気軽にあれこれ視聴もできて、
他の愛好者の方の様子も垣間見れ、お祭り感があり
ネットでは味わえない楽しさです。

今回はそんなに時間がなかったので、
次回はもっとゆっくり参加したいなぁと思えるイベントでした。

■上映会1「インターリンク 学生映像祭」@新宿三井ビルディング1F・55SQUARE
雨の金曜日午後のせいか、がらがらで(5~8名)さびしい雰囲気でした。
大きなビルの廊下の真ん中にあるガラス張りの空間でパイプ椅子30~40席くらい??
周囲が明るめなので、映像が少し白っぽく映っています。
20代女子の飲み屋トークを描いたアニメーション+イラストの作品がおもしろかったです。

■上映会2「TOKYO ANIMA」@国立新美術館3F講堂
台風一過の土曜午後にも関わらずほぼ満席でした。
ホワイトプログラムの方が観やすかったです。
ホワイトもブラックも未見の作品がそれぞれ1/3くらいずつ入っているので
大きなスクリーンで観ることができ良かったです。

■上映会3「こどもアニメーションフェスティバル」@女子美術大学・杉並校舎6号館4F
2部の中盤に到着したので、全部観ることができませんでした。
いろいろなおもしろい作品があり、ほとんど未見のものばかりでした。
子供たちの制作した作品もかわいらしく楽しかったです。
終了後、懇親会があり10名ほどの参加者でいろいろな話が出て
久しぶりにお会いする方もいて、参加でき良かったです~。

....................................................

●シブカル祭も展示をざっと観て来ました。
パルコギャラリー以外は、お店の中や間に展示してあり、
作品を見ながら店内を回ってお店も見てもらうという配置でした。

おもしろかったことは、
ひとつひとつの作品はけっこう濃くて強烈なのに、
商品と商品の間に上手に設置されていると
全てがポップでかわいい、店内にあった装飾のように見えてきて
作品の持つ毒な部分があまり感じられなかったことです。

やっぱり、同じ作品でも
どのように展示をするのかでだいぶ印象が変わりますね~。

どれもそれぞれおもしろく、気軽に買うことができる作品も多くて
楽しく参加しやすいイベントだな~~と思いました。

●山村浩二氏のお店「Au Praxinoscope」も行きました。
そんなに大きくない店内におもしろい本やDVDがたくさん詰まっていて
見てるだけであっという間に時間のたつ
行ったかいのある店内でした。
映画祭物販でしか見かけないようなものもいろいろあって楽しいです。
展示は、エストニアの監督、プリート・パルン氏のドローイングと版画作品で
生で観たのは初めてだったので良かったです。

●ガンダムカフェに行きました。
ファミレスのような感じで、そんなに高くなくチャージもなく
入りやすくて落ち着きました!
大きなモニタで、現在お店で特集中のガンダムSEEDがずっと流れていました。
ちなんだメニューもあり、おもしろいです!
味も普通においしいです。すごく長居してしまいました。
また行きたいです~。

今回は、いろんな方と、アニメーション関連のお話をする時間がたくさん持てたりと
いろいろ良いことがありました。
夜中の地震にはびっくりしましたが。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/331-fec9dd37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する