Entries

最新作『橙と群青』完成記念 赤羽健太郎監督 最初で最後の特集上映 作品紹介

ながおか映画祭でお披露目した最新作「橙と群青」完成記念として赤羽監督の特集上映を組んでみました。ここでは上映作品の紹介をしていきます。赤羽監督は4日間ずっとシアターカフェに滞在予定で、13日(日)19:00の回は「桜トイレ」脚本家森下かおりさんも来場予定です。ぜひお越しくださいね。

Aプロ (計84分)
「博士の部屋」(2008年/25分)出演:関かおり、坂井昌三

絵の中や机の上に花を咲かせる不思議な植物たちを研究する風変りな「博士」。ある秘密を抱えて博士の部屋を訪れる一人の女性。彼女と不思議な植物たちのふれあいがもたらしたものは――
第10回長岡インディーズムービーコンペティション 準グランプリ
コンテンポラリーダンサーの関かおりさんのダンスも見れます。最近いろいろ女性に花が咲く作品も多いけど、これは普通にかわいくておしゃれな感じ。舞台となるギャラリーも素敵です。
予告はこちら
「金糸雀は唄を忘れた」(2008年/33分) 出演:倉林絵理、近澤可也、山田香弥子 他
共通の死に場所を目指して旅をする若い女と年老いた男。ふたりは上っ面の反発と理解を繰り返しながらも、約束の地「賓(まろうど)の滝」を目指す。生死の公界でさまよう者たちの、凡庸で切実で滑稽で哀れな旅路の顛末。
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2007短編の部 大賞
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞を獲った作品の映画化ということですね。ネットで集団自殺を図ろうと集まったのは結局80すぎのおじいさんと片足の不自由な若い女の二人きり。死に場所に向かうまでの二人の関係性を丁寧に描いています。「君は生きねば」ですね。
予告はこちら
「桜トイレ」(2012年26分)出演:高頭房代、椎名琴音、南久松真奈 他
とあるビルの地下一階にある女子トイレには、日々様々な女性が訪れる。失恋したOL。孤独なトイレ清掃員。片思いの相手にマフラーを編む女子高生……彼女たちは、あるきっかけからトイレの壁を掲示板代わりに交流を始める。
第14回長岡インディーズムービーコンペティション グランプリ 小坂本町一丁目映画祭Vol.11 入選 Kisssh-Kissssssh映画祭 グランプリ
女性はけっこうお気に入りのトイレとか決まっていたりしますよね。居心地のいいトイレはありがたいです。トイレを共通の場所として出会う女性たちのそれぞれの人生。やえこちゃん、最初わからなかった…。それにしても椎名琴音ちゃんは売れっ子になってきましたね。
予告編はこちら

Bプロ (約75分)
「橙と群青」(2013年/約70分予定) 出演:岸建太朗、中村朝佳、小林ユウキチ、今村沙緒里 他

潟県長岡市に住む写真家の田神は、中越地震を題材に論文を書いている大学生の岬と出会い、恋に落ちる。やがて岬の妊娠が発覚するが、彼女は突然「あなたの子じゃないかもしれない」との言葉を残して消息を絶つ……。
第14回長岡インディーズムービーコンペティション スカラシップ作品
中越地震、東日本大震災という震災ものか、と思わせておいて、あれ、これは…といつの間にか違う次元にスライドしていく面白い作品でした。多くはここでは語れませんが…。主演の岸建さんは、名古屋では井口作品で見る岸建さんの姿と全く違うので、とても新鮮かもw。中村朝佳さんは「あの娘、早くババアになればいいのに」(頃安監督)の主演ですね!!注目です!そしてなんといってもタイトルにある橙と群青の美しさ、素晴らしいです。
長岡でのお披露目後、最速の上映となります。ありがたいです。いち早く見たい方はぜひお越しください。
予告編はこちら
dg01_R.jpg
Ⓒ2013 TADAMONO FILM
「U」(2010年/5分)出演:川連廣明、長谷川みのり
男はひたすら地面を掘っていた。その傍らに突然少女が現れ問いかける。「なぜ掘っているの?」男は、かつて自分が見つけられなかったあるモノを、いままた掘り当てようとしていたのだ。
伊参スタジオ映画祭10周年記念特別作品『ISM』参加作品 よなご映像フェスティバル2011 入選
宮沢賢治の詩がいい感じ。まさか、あれがあれとは…ww。

【赤羽健太郎プロフィール】
1977年、長野県松本市生まれ。東洋大学社会学部卒業後、シナリオ・センターにて学ぶ。脚本家として活動する傍ら、インディーズ映画の監督として作品を発表し、各地の映画祭で上映される。
2004年から2007年まで、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞に4年連続でノミネート。
脚本作品に『美少女デート~あなたが選ぶ、理想の彼女~』(2011年/BeeTV)、『山宿』(2012年/吉田浩太監督)、『男と女と百万円と裸の男』(2013年/大谷健太郎監督)など。

■上映スケジュール ※赤羽健太郎監督は全日来場。
10/11(金)19:00 Bプロ
10/12(土)16:00 Aプロ 19:00Bプロ
10/13(日)16:00 Bプロ 19:00Aプロ ※「桜トイレ」脚本家森下かおりさん来場予定
10/14(月祝)16:00 Aプロ 19:00Bプロ

■鑑賞料 
1プロ 1300円、2プロ 2100円(1ドリンクつき)
来場者プレゼントとして「桜トイレ」オリジナルタオルをプレゼントします!!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/321-c4409648

トラックバック

[T39] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2013-10-04 09:28

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する