Entries

NOANOA ~野中晶史のアニメーション、2日目レポート

皆さん、お元気ですか~~。
入梅したわりに良いお天気が続きますね、ミドリンゴです。

先日、開催した「NOANOA ~野中晶史のアニメーション」の2日目の様子をレポートします。
この日も、上映終了後に野中監督のミニトークがありました。
NOANOA060201.jpg

内容はだいたい1日目と同じで、ゆっくり聞けたので
1日目レポートより、もう少し詳しい内容を載せます。

メインは、文化庁の短編アニメーション制作支援についてです。

この助成金は、3年ほど前にできたそうで、当初は
100万円支援+200万円を自分で用意(または、別の助成金や支援から受ける)という条件でした。
そして、他人を雇う経費は含められるが、申請者である監督自身の人件費は含められなかったそうです。
200万円の自己資金又は別の支援を受けることが難しく、応募する人はいなかったそうです。

昨年から、規定が変わり、
申請者自身の人件費を経費として含めることができるようになったため、
応募のハードルが下がり、昨年度は15、6名ほどの応募者があったとのこと。
そのうち、6組ほどが受かり、助成を受けて制作をしたそうです。
(株式会社ドワーフさん、CALFの水江未来さんなど)

応募時には、絵コンテ、イメージボード、脚本(プロット?)、などを
申請書類と一緒に提出することが必要で、1回の審査ですべてが決まるそう。

また、助成金自体は、作品が完成して試写後に支給されるため
制作中の経費は全て自腹になります。
なので、あらかじめ、それを支払えるだけの経済力がないと難しいようです。
また、申請するには個人ではなく、規約を持つ団体でないとできないそうです。

完成後はいろいろな場所で発表することが必要なため
野中監督の場合は、東京と、今回の名古屋で上映会を開きました。

その後は、会場から作品についての感想や質問などが出て
なごやかなうちに終わりました。

2日間、ご来場いただいた観客の皆様と
今回のような楽しい上映会の企画をしてくださった野中監督、プロデューサーの面高さんに
心より感謝いたします~!!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/270-fdabef98

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する