Entries

原田組 舞台挨拶レポ(遅くなってすいません)

原田伊藤
1/12からの「冬のアルパカ」完成記念 原田裕司監督特集上映にはシアターカフェ始まって以来の多くのゲストに来ていただきました!それも皆さん東京からだったので、本当に申し訳ないっ。そして感謝です。毎日レポートあげればよかったんですが、すいません、全部まとめてになっちゃいました。
12日初日は原田裕司監督だけの舞台挨拶でした。といってもいつも舞台挨拶というよりトークなんですがね。大体毎回1人は女性がいたので、「コーヒー」について最初に伺ったんですが、結果女性のほうのウケが良かった気がします。皆さん最初に「コーヒー」でガツンときて、徐々にソフトになっていく、という感じでよかったと言ってました。監督には撮影時のエピソードやら「コーヒー」で怒られたことなどいろいろお話いただきました。
Wいとう
13日は監督に加え、ほぼ全部に出演している伊藤公一さんが来てくださいました。そしていとちんくんにも来てもらいましたので、私の個人的な夢のW伊藤の舞台挨拶が決行されたのでした!似てましたよねっ。ツイッターでも似てる!と評判になって一安心です。せっかく東京から来ていただいて「似てない…」という話になったら、申し訳なさすぎですもんね。いとちんくんは関係ないのに出てもらって本当にすいません。ありがとうございました。伊藤公一さんは来場者プレゼントのほかにスペシャルなプレゼントもしてくださったので、この日のお客様はWプレゼントデイでもありました。
バンブー
16日には、これまたほぼ全部の作品にでている竹田尚弘さんが来てくださいました。私は個人的に「中学生日記」(山下監督)からファンでしたので、ワクワクでした。イメージどおりの方で安心しました~。監督ではなく、俳優さん側からのお話も聞けて、これまた貴重な時間でした。
後藤
18日には「壁女」に出演している後藤慧さんが「後藤の落語」を上映前にご披露。高座がなくて椅子の上に座ってもらいました。すいません。後藤さんの妹さんと中学時代の先生が見守る中、「鶴のお話」をしていただきました。役者さんだけあって、表情のつけ方とか表現力が豊かでおもしろかったです。上映後には少しお話もしていただき、ご自身も言われてましたが、よい夜を過ごせたように思います。

ゲストがいない日も映像を作っている学生さんたちが「どうやってこんな少ないスタッフで作っているのか」「話のアイディアはどこから」と言った質問も多く出て、監督から直にお話できればな、と思いつつ、できるだけ聞いていた話を伝えたつもりです。皆さん作品を見たあとにいろいろ話できるのが嬉しいです。とにかく、お客様からは「絶対これ、他では見れないよねっ」という見たあとの高揚感がすごかった気がします。見逃した方もいつかまたやるかもしれないので、その日を待っててください。そして原田監督の新作とかどんどん世に出てくれれば、嬉しいです。総じてお話聞いた感じでは原田組は普通の現場とは違うような気がしました。監督らしくない監督でおもしろかったです。このまま原田裕司監督らしく進んでいってほしいです。いつか現場もみてみたいです。
また原田監督はじめ皆さんの情報とかもこまめにチェックして応援していけたらな~と思ってますので、このブログとかツイッターとかでチェックしてくださいね。
1週間のうちゲストがいる日の3日間も来て下さったお客様はじめ多くのお客さまに見てもらえて嬉しかったです。ありがとうございました。また原田監督はじめ名古屋までお越しくださった皆様にも本当に感謝です。ありがとうございました。今後も作品(作り手)とお客様をつなぐ場所でありたいと思っています。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/221-245fb479

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する