Entries

世界の短編映画 ドキュメンタリー編 紹介

久々の「世界の短編映画」シリーズ復活です。この冬はドキュメンタリー編をお楽しみください。ちょっぴり古い作品ですが、さまざまなジャンルで興味深いですよ。
doc01_R.jpg
「滴が何を知る?」 (2007/12分/ドイツ)監督:Jan Zabeil
ベルリンの国会議事堂に刻まれている女流詩人フッフの言葉&国会議事堂で働く清掃員たちの視点という珍しい作品。私はあまりドキュメンタリーは見ないので、こういうアプローチは新鮮でした。世界の映画祭30以上で上映され、数々の賞を受賞しています。
「女性の肖像」 (2007/15分/イラン)監督:Tinatin Gurchiani
イスラム圏の女性の声はいつでも同じなんですが、これが現実。テヘランのセントラル駅で、様々な女性にカメラを向けて女性の幸せとは何かを問う街頭インタビュー形式。
「カルカッタが呼んでいる」 (2006/16分/インド)監督:Andre Hormann
日本でも一時期中国からの電話が多かったと思いますが、これはカルカッタ発。「スラムドッグ・ミリオネア」でも扱われている題材ですね。
「Shall We Sing?」 (2007/20分/日本・アメリカ)監督:東谷麗奈
出張先ニューヨークで男声合唱団を結成する日本人ビジネスマン達を追った作品。9.11後の彼らの心情は今見ても共感できます。東京ビデオフェスティバルで優秀作品賞を受賞したほか、全米公共放送PBSで放映されています。
■上映スケジュール
1/26(土)27(日) 15:00/19:30 
28(月)30(水) 15:00
31(木)2/1(金) 19:30
■鑑賞料 1000円(1ドリンクつき)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/216-1b6af5c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する