Entries

ブックマークナゴヤ関連企画 わたしの選書目録 メンバー紹介その2

なかなか選書してくださった方々を紹介できずにすいません。今日は俳優 松田祥一さんをご紹介しますね。
一応シネマスコーレでイケメン映画担当、と勝手に名乗っていたほどのイケメン好きなかっぱさんです。松田さんとはそのシネマスコーレで出会いました。といっても私がすでにシネマスコーレをやめたあとで、お客として映画を見にいったときに、松田さんもいらっしゃって、ご紹介いただきました。松田さんは相撲好きでそのときも相撲観覧がてら名古屋に来ていたので、シネマスコーレに映画を見に来た、という流れだったと記憶しています。で、映画を見たあと名古屋駅までご一緒して、歩きながらお話しただけでもおもしろい方だったので、印象に残っていました。それまで失礼ながら松田さんの存在は知らなかったんですが、出ている短編映画を見せていただいたら、おもしろかったです。いつか「ヤクザ編集」もやりたいなあ。中川究矢監督の「進化」にも出ていますよ(わかんないかもしれないけど)。
松田さんのおもしろいところはただのイケメン俳優でなく、ま出ている作品も個性的なんですが、相撲好きでコラムも書いているところといい、そのクラシックな趣味といい、若いのに、すごく大和魂が強いというか、じいちゃん趣味というか、そんなところが強烈な印象です。手作り本なども作っていることをブログで読んでいたので、ブックマークのイベントにはピッタリの方だと思って、今回お願いしちゃいました。
そのラインナップはやはりレア本も多く、興味深いです。ぜひ松田さんの選んだ本をチェックしに来てくださいね。
ちなみに松田さんは「懐中雑誌ぱなし」という手作り月刊誌に「相四つでいきましょう」という相撲コラムをかいてらっしゃいます。ネットやコアな本屋でしか入手できないので、ぜひ興味のある方は覗いてみてね。

そのほかの選定していただいた方たちはこちら↓
参加者(敬称略)
井上淳一(脚本家、監督)、大塚浩平(ASIFA-JAPAN会員)、大西愛(ライター)、大橋裕之(漫画家)、岡田邦雄(Galleria Amica/Fermata Book Store主宰)、小川敦生(美術家)、温泉太郎(ライター)、佐藤美代(アニメーション作家)、Simone(鶴舞ファンタスマゴリア実行委員会スタッフ)、田中由紀子(美術批評/ライター)、坪井篤史(シネマスコーレ・スタッフ)、豊田絵里(無所属)、にしかわあつこ(図書館司書)、名古屋シネマテーク・スタッフの方々、林淳子(主婦業)、松田祥一(俳優)

また、おって順にご紹介できたらな、と思っています。気長に待っててね(そうこうしてるうちに展示が始まりますね!)
シアターカフェはブックマークナゴヤのスタンプラリーに参加しています♪
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://theatercafe.blog.fc2.com/tb.php/163-29fd1dd4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する