Entries

「正気か、狂気か、日本映画界の異端児 中川究矢短編特集上映!」 作品紹介

最近では「KAZUYA世界一売れないミュージシャン」のプロデューサーとして大忙しの中川究矢さんですが、俳優の川連廣明さんとの映画企画連作プロジェクト、「ドグマ96」をたちあげています。以前、シネマスコーレでも「進化」、寺内康太郎監督の「ぱんいち夫婦」も公開されてますし、2012年5月にシアターカフェで上映した「ハイパーミニマルムービーズ」でご存知の方もいらっしゃいますね。という監督だけでなくプロデューサー、助...

豆本ワークショップ レポート

4月展示に関連して、豆本のワークショップを行いました〜。展示作家のHokoriさんが講師を務め、シアターカフェにちなんでパラパラマンガの和綴じ豆本を作るという内容でした。パラパラマンガはすでに用意されたものを使っても、自作しても良し!ということで、一番多かったのはありものに書き足して行く作品です。表紙の紙や糸など、それぞれ好きなものをえらんで製本していきます。1番むつかしいのは、糸を通す穴をあける作業だそ...

「ほとりの朔子」公開記念 深田晃司監督&杉野希妃さん特集上映Cプロ紹介

さて、お待たせしました。Cプロは杉野希妃さんの短編特集です。エドモンド・ヨウ監督の2作品と杉野さんが監督に挑戦した「桜桃書簡」ともう1作品スニークで上映あり。とてもレアな短編特集となっていますので、お見逃しなく。4/30(水)から開催します。杉野希妃さんプロフィール1984年広島県出身。慶應義塾大学在学中にソウルに留学し、2005年に韓国で映画デビュー。2010年に主演兼プロデュースした『歓待』(深田晃司監督)で、ヨ...

「フェアトレードボーイ」上映会トークなど レポ

いよいよ始まりました、「フェアトレードボーイ」の上映会。トークゲストのない回もありましたが、昼間は名古屋のフェアトレードショップの風’s土井さん、OZONEの杉本さんのトークがありました。司会は「フェアトレードボーイ」企画・制作のNPOハロハロの成瀬さんです。この作品はフェアトレードを全く知らない人向けをターゲットに作られた作品なので、フェアトレードの重鎮の方々の反応がちょっぴり心配だったんですが、皆さん温...

大須つぼぼ ホロスコープ・リーディング レポ

昔からの知り合いのつぼぼさんがホロスコープ占いをやっていると聞いてはいました。今回、つぼぼさんのウェブサイトで自分でもチャートが作れて読めるようになるホロスコープ・リーンディングのページをみて、興味津々になりました。いろいろ思うところもある年頃(?)だしね。それでやってはみたけど、よくわからなくて、この際、ご本人に講座をしてもらおう、と思い立った、本当に個人的な興味で始まったホロスコープ・リーディ...

ひらく とじる ひらく OPイベント終了!

あったかいですねー、ミドリンゴです。現在開催中の豆本展「ひらく とじる ひらく」のオープニングイベントを昨日行いました!ゆったりかわいらしい音楽ユニット「アカシェ」のあきさんによる、ウクレレと歌の演奏に展示作家hokoriさんによる豆本トークという、なごやかな内容でした。今回は展示をしていない豆本作品も、お持ちくださり、手にとってご覧いただけました。たくさんの方がご来場くださり、わいわいと楽しいひとときに...

「ほとりの朔子」公開記念 深田晃司監督&杉野希妃さん特集上映 ABプロ紹介

名古屋シネマテークで公開された「ほとりの朔子」も好評でしたね。よかったです。「歓待1.1」も併せて上映されましたが、深田晃司監督の作品はこれまで名古屋未公開だったので、これを機に一気に深田晃司監督の世界を知ってもらおうと特集上映を企画しました。プロデューサー兼出演の杉野希妃さんの短編特集も併せて開催します。「歓待」「ほとり」と続けてみてもらうとわかりますが、このタッグは間違いないですね。4/30(水)か...

マンスリースケジュール5月のおしらせ

2周年を無事迎えたシアターカフェです。ありがとうございます!!さて5月のマンスリースケジュールですが、皆様のお手元に届く前にブログでざっとご紹介!公式ページにはアップされていますので、そちらもチェック願います。引き続き皆様に楽しんでもらえる場所を目指してがんばりますので、よろしくお願いします。~9日(金) 「「ほとりの朔子」公開記念 深田晃司監督&杉野希妃さん特集上映」4/30から上映が始まります。ただい...

「子宮に沈める」公開記念 緒方貴臣監督特集上映作品紹介

シネマスコーレで公開された「子宮に沈める」も好評だったので、とても嬉しいです。公開直前に緒方貴臣監督を囲むお茶会をシアターカフェで開催しましたが、作品をまだみていない方もお茶会には参加していただき、いろいろ監督から直接話を聞いたうえで、「子宮に沈める」を見てもらえてよかったです。重いテーマを扱っているので、見た後話ができる、ということは重要だと思っています。シアターカフェでは緒方貴臣監督の過去2作...