Latest Entries

10/20-岡田昭憲アニメーション上映・作家トーク/展示会「100億光年の旅人」

100okukounen_still.jpeg
愛知のアニメーション作家 岡田昭憲の最新作・旧作コマ撮り作品を上映します。当日は映像制作を共に行ったカメラマンやアーティスト、ミュージシャンと一緒に「独学でつくる秘技」についてココだけひっそりコソコソ語ります。 また10月5日から作品に登場する人形や絵、ラフストーリー原稿などの展示も行います。

100億光年の旅人 序章 Traveler of 10billion light-year introductory chapter from 岡田 昭憲 akinori okada on Vimeo.



上映・作家トーク
日時 10/20(土)14:30-17:00
      ※小学生以下500円(1ドリンク付)・全年齢対象
   10/21(日)開場14:30/開演17:00 
      ※14歳以下はご入場いただけません

料金 1500円(1ドリンク付) ご予約はこちら
定員 1回20名


人形・原画展示
日時 10/5(金)~10/22(月)13:00-21:00(火、水、木定休)
料金 要1ドリンク(500円)注文



Poetry of Light from 岡田 昭憲 akinori okada on Vimeo.




上映作品
10/20(土)ゆるゆる夢見プログラム
『ひょうたん音頭』(5分/2007年)デジスタ300 回記念LIVE上映
『ヤオヨローズ』(3分/2011年)
『リトルジャーニー』(4分/2016年)「となりの人びと- 現代美術展」 上映
『絵の具』(5分/2012年)空気公団「LIVE 春愁秋思DVD」収録
『今此処』(7分/2010年)志人×DJ DOLBEE×Animation「明晰夢DVD」収録
その他
新作「100億光年の旅人』(15分/2018年)
構想12年、制作期間3年もの時間を費やしてじっくり生み出された儚い15分のアニメーション作品です。これまでも制作を共にしてきた各ジャンルのすご腕アーティストをスタッフに招き、丁寧に思いを重ね、美学を美術に落とし込んだ渾身の一作。
※上映後にトークあり

10/21(日)アングラシャウト!プログラム
『安息の場所』(3分/2010年)ohta2010A/W 展示会/ロッテルダム映画祭上映
『夢境』(5分/2010年)志人×DJ DOLBEE/Eテレ「 アート空間FIVE」放送
『親愛なるアピタ様へ』(11分/2009年)
『慈愛工場』(7分/2008年)調布ショートフィルムフェスティバル入選上映
『時の灰』(11分/2010年)第五回CO2映画上映展 アニメ部門大賞 各所巡回上映
その他
新作『100億光年の旅人』(15分/2018年)
※上映後にトークあり

アーティストトークゲスト 
※各ゲストの出演日はHPやFB等で追って告知します。
大表史明(パーカッショニスト)
食品まつり(DJ/トラックメーカー)
香川純平(フォトグラファー)
萩原大輔(クリエーター)

岡田 昭憲プロフィール
デザイン事務所にてコピーライターとして勤務。同社退社後、人形、影絵などコマ撮りアニメーションの制作を独学で始める。2012年に映像制作チーム YAOYOROSを立ち上げ、同時にアニメーション作家として活動中。
制作展示歴
アニメーションテープス「旅するアニメーション」に参加
あいちトリエンナーレ2010 常設上映
E テレ ETV 特集「ぼくらの夢の物語」にて制作風景紹介
第40 回 ロッテルダム国際映画祭上映
「日本の映像作家100 人2012」収録
「となりの人びと- 現代美術展」 展示上映
東海テレビ すくぽん!にてアニメーション担当 etc..

掲載情報 『カメラを止めるな!』公開記念上映会関連/映画ナタリーさま

映画ナタリーさまのサイトで「カメラを止めるな!」上田慎一郎×秋山ゆずき過去作など、名古屋で特集上映としてご紹介いただきました。ありがとうございます!名古屋ですが、ご紹介いただけるの、本当にいつも感謝しております♪
ご紹介ページはこちら
8/17(金)よりふくだみゆき監督特集、次週8/24(金)より上田慎一郎監督特集です。ご予約も受付中です。お待ちしております!

掲載情報 C+Tさん/女祭

C+T9月号に9/1,2に開催の若手女性監督特集「女祭」in 名古屋をご紹介いただきました。ありがとうございます。
女性監督4名達がシアターカフェに集います。呑みプログラムもあります♪詳細はこちらです。

9/10(月)・9/22(土)・9/24(月祝) おっさんずラブ公式本 読書会

おっさんずラブ公式本 読書会
シアターカフェは上映等のイベントがないときは普通のカフェです。そのカフェタイムを利用して、読書会を開催します。連日OL民が盛り上がっているおっさんずラブ公式本の読書会です。読後の感想や語りたいところがたくさんあると思うので、みなさんでおしゃべりしましょう♪
店にも1冊ありますが、各自公式本はお持ちいただけると幸いです。
ほか食べ物は持込みOKですので、御自由にお持ちください(ドリンクは1オーダーしてね)。
前回のおしゃべりカフェ同様、平日と土日で設定します。ご都合の悪い方はまた企画したいので、リクエストくださいね。

日時
①9/10(月)14時~ ※絶賛受付中です♪
②9/22(土)14時~※おかげさまで定員に達しました。以降キャンセル待ちになります。
③9/24(月祝)14時~※おかげさまで定員に達しました。以降キャンセル待ちになります。
会費 500円(1ドリンクオーダー) 
※食べ物の持込み可です。お好きなものをお持ちください(みんなで食べられるもの歓迎)
定員6名くらい
あまり大勢だと話がしにくいかも、なので、6名くらいで考えています。
ご予約はこちら(定員になったら締め切ります)

おかげさまで休日は満席となりました。ありがとうございます。
リクエストがあれば随時やっていこうかと思います。
ま、これに限らず、カフェタイムでしたらいつでも、私相手に話に来てもらって大丈夫ですし、皆さんでカフェ利用していただいてももちろんOK♪スペースレンタルもできます!詳細はこちら

9/15(土)~ ぷち深田晃司映画まつり

ぷち深田晃司映画まつり
シアターカフェでまだ上映していない深田晃司監督の作品を上映いたします。貴重な習作『椅子』も上映いたします。この機会にぜひお越しくださいませ。

上映スケジュール 
9月15日(土)~17(月祝)
14:00/18:30 連日2回上映

料金 1200円 ※来場者に『椅子』オリジナルボ―ルペンをプレゼント。

ご予約はこちら


上映作品(4作品計134分)
習作『椅子』(2001年/100分)
m_isu_R.jpg
出演:井上三奈子、細原好雄、森脇麻衣子、小林亮太 配給:椅子上映委員会

深田監督21 歳、初の自主制作映画。交通事故で姉を失った和泉、似顔絵描きの老人福島、小学生の孝史とテレクラのサクラで生計を立てる母・知枝。「椅子」によって結びつく4 人のひと夏の物語。後の深田映画につながるモチーフが随所に見られる瑞々しい「習作」。
©2004 椅子上映委員会

『8月のアチェでアリさんと話す』(2017年/9分)
m_august_R.jpg
出演:エム・アリ・ウビッ、ナスリア、ファラ・アルフィナ、亀山恵理子( 聴き手)
配給:TOKYO GARAGE

PFF 39thの『ワンピース・チャレンジ!』の為に『海を駆ける』のロケ地インドネシアで撮影した短編ドキュメンタリー作品。監督/ 構成・撮影・編集を深田監督が担当。
©TOKYO GARAGE

『鳥(仮)』(2016年/7分)
m_tori4_R.jpg
出演:井上三奈子、金子岳憲、木引優子、師岡広明、ほか  配給:深田晃司映画まつり実行委員会

『深田晃司映画まつり』を記念して深田作品の常連俳優や『淵に立つ』のスタッフが参加して製作。陽光降り注ぐ部屋の中で女性に詰問されている男性。窓辺にはもうひとりの女性があり男性が部屋に誘いこんだようなのだが…。
©深田晃司 映画 まつり

『ジェファソンの東』(2018年/18分)
m_jeast1_R.jpg
出演:荻野友里、河村竜也、近藤強 配給:深田晃司映画まつり実行委員会

『深田晃司映画まつり2018』を記念して製作。とあるラブホテルでの出来事。男と女、事におよぼうとするが・・・深田監督が『東京人間喜劇』以来10 年ぶりに劇映画でカメラをまわした最新作。
©深田晃司 映画 まつり

深田晃司監督プロフィール
hukada_R.jpg
1980年生まれ。映画監督。2010年『歓待』で東京国際映画祭「ある視点」部門作品賞受賞。2013年『ほとりの朔子』 でナント三大陸映画祭グランプリと若い審査員賞をダブル受賞。2015年『さようなら』でマドリッド国際映画祭にて ディアス・デ・シネ最優秀作品賞受賞。2016年、『淵に立つ』(浅野忠信主演)が第69回カンヌ国際映画祭「あ る視点」部門審査員賞を受賞。2018年5月26日、新作『海を駆ける』(ディーン・フジオカ主演)ロードショー公開。

8/12(日) 映画『なぜ生きる―蓮如上人と吉崎炎上-』上映会

映画『なぜ生きる―蓮如上人と吉崎炎上-』上映会
180812名古屋中区ミニA4完全版表_R
180812名古屋中区ミニA4完全版裏_R
公式サイトはこちら。https://nazeikiru-eiga.com/

日時:8月12日(日) 14:00-16:00
料金:大人1000円、中高生500円、小学生300円、未就学児無料(1ドリンクつき)
    ※小さなお子様連れの方も大歓迎です。

わかりにくい場所にあるため、アクセスをご覧ください。
ご予約・お問合せは下記までお願いします。
主催:株式会社チューリップ企画 0120-901-267(通話無料)平日9:00ー18:00 土曜9:00-12;00

掲載情報 ゴチソー尾張さん/続 谷口雄一郎監督大全

先日開催された 続 谷口雄一郎監督大全の舞台挨拶レポートをゴチソー尾張さまでご紹介いただきました。ありがとうございます。思わぬ来場者にドキマギの回でしたが、しっかりまとめていただいてありがとうございます。また次回の開催までお楽しみに。

掲載情報/『カメラを止めるな!』公開記念上映会関連

『カメラを止めるな!』ポンデミックな公開につきまして名古屋の媒体の皆様方の告知に、シアターカフェの関連上映イベントも併せてご紹介いただいております。ありがとうございます!もともとふくだみゆき監督の凱旋上映会は企画していたのですが、たまたま時期がタイムリーになってしまったということで、乗っかります!!
昔から応援してきた監督たちが世間に注目され、大きく羽ばたいていくことを目の当たりにし、本当に母親のような気分で嬉しいです。
この作品で上田監督やふくだみゆき監督を知る方も多いかもしれませんが、ぜひ過去作もみてくださいね。
シアターカフェでお待ちしております♪
Liveraryさま http://liverary-mag.com/cinema/69503.html
Opi-Rinaさま http://opi-rina.chunichi.co.jp/matsuoka-cinema/2018/07/23/031493.html
Cine@Nagoyaさま http://cineana.net/archives/4584
ゴチソー尾張さま http://rintaroh.net/archives/10765583.html
Cafe Mirageさま  http://cafemirage.net/archives/1407
漏れていたらすみません。また順次更新してまいります。よろしくでーす!

9/21(金)~ この夏、なに観た?【展示イベント】

この夏、なに観た?【T橋N子展示イベント】
gdAuvvi__R.jpg
学生として迎える最後の夏休みは、やはり大好きな映画と共に過ごしたい。
絵日記風の紙を用意するので、夏に観た映画の思い出をぜひ書きに来てね!
映画好きが集まるここシアターカフェで、浸ったり語ったりしましょう!

スケジュール
9/21(金)14時 ~ 10/1(月)20時まで
(火~木定休)


料金 1ドリンクオーダー(500円)

T橋N子プロフィール
名古屋芸術大学の孤独な大学院2年生
毎月フリーペーパー『T橋、映画語るってよ』を発行してます
久しぶりに二次にハマりアニメ鑑賞が楽しい!!!

主催 T橋N子

9/30 ボーダレス・アート・ドキュメント -丸山達也 記録の仕事-

日時 9/30(日)13:30 - 15:30
料金 1000円+1ドリンク500円 ご予約はこちら
定員 15名
主催 NPO法人 愛知アート・コレクティブ


上映作品(4本/58分)※途中休憩あり
『かわいい、いとしい、せつないアート - あいちのボーダレスアーティストたち』(21分/2014年)
「かわいい、いとしい、せつないアート」 のコピー
高浜市やきものの里かわら美術館「ボーダレス・アート・コレクション(2013年)」展に出展する作家6名の創作現場のドキュメント映像。作家は愛知県内の福祉施設で、生活の余暇や仕事として創作活動に打ち込んでいる。針の穴で覗いたような時間の記録。

『中嶋さんの絵日記』(3分/2016年)
中嶋さんの絵日記 のコピー
豊川にある障害者支援施設で手渡された絵日記。そこには仮面ライダーが日付と共に描かれていた。パラパラとめくると浮かび上がる、中嶋さんの日々の記憶。

- 休憩10分 -

『ヒロシさんとエイジさんの描くまる』(14分/2015年)
ヒロシさんとエイジさんの描くまる のコピー
障害のある、なしの違いを超えた共生社会を目指し共働事業を行うわっぱの会。生活の余暇として始まった絵画教室で一際目立つ、ふたりの兄弟の記録。

『閉じた時間 開かれた形 - 小寺良和とやきものの世界(仮)』(20分/2018年)
閉じた時間 開いた形 のコピー
名古屋の天白ワークスで陶芸作品を作る小寺良和。記憶を反芻するように土に打ち込み独特な作品を作り上げている。やきものを通して作られる緩やかな共生の場の記録。

トーク「ボーダレス・アート アーカイブを通して (仮)」1時間
丸山達也が福祉施設を訪問し取材する中で感じた”幸福感”。施設での創作活動の時間に見られる”問題行動”の一つ一つに驚き、彼・彼女らの幸せを勝手にも想像し幸福感を得る。映像を通して少し離れたところからみるからこそ見えてくる、豊かな光景のお話。

丸山達也プロフィール
丸山達也 のコピー
映像作家。カメラを通してみえる世界を記録し、繋いだり投影したりしている。記録メディアと身体を伴う空間との関係に着眼した映像作品を制作し、上映・展示・デバイスなど様々な形態をとる。2013年より福祉施設でのアートに出会い、記録を開始。上映作品や作品アーカイブを残している。