Latest Entries

8/4- アニメーテッドラーニング

― アニメーションが学習とコミュニケーションのツールになる?
~高知県大月町、デンマーク、ブラジルなどで導入される、先進のアクティブラーニング~

アニメーテッドラーニング(AL)は、アニメ制作指導や美術教育に留まらず、アニメーションを一般教科の学習やコミュニケーションのツールに活用することで、文字偏重から解放された学習者がさまざまな能力を広げ、自信や積極性を育むメソッドです。先進地デンマークと高知県大月町での実践、大月小学校5年生やデンマーク、イタリア、ブラジル、ペルーなどの子どもが制作した作品と共に、ALの可能性を紹介します。

大月小学校_総合学習WS260118 _07 (1) のコピー
03シュノーケリング-04 のコピー
高知県の大月町立大月小学校5年生のアニメーテッドラーニングの様子

anira01.jpg
20180119_Pro のコピー
Project O - 大月の海 -©2017大月町立大月小学校

作品01
大月の宝物 ©2016大月町立大月小学校


日時 2018年8月4日(土)15時-16時(予定)
料金 要1ドリンク(500円)注文
定員 20名 ご予約はこちら
主催 シアターカフェ、一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ


アニメーテッドラーニングとは
実践校の子どもは主体的に授業に参加し、向学意欲や学習効果が上っています。ALは固定した教授法でなく、教師とファシリテーターが学習者に適した方法を探究します。日本では、映像ワークショップやメディアリテラシー教育と相補い、ALが学習者の個性を活かし、コミュニケーション力を高められるのでは?アニメーテッドラーニングらぼは、わたしたちの暮らしを楽しく、いきいきさせる日本的メソッドを育もうとしています。

伊藤裕美プロフィール
オフィスH 代表、一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ 共同代表理事。WAT-世界のアニメーションシアターで海外作品紹介、CJax~日加ショートアニメーション・エクスチェンジで若手作家の国際デビュー支援。デンマークのアニメーション・ワークショップによる、SEA–コンセプト開発マスタークラス(14年)、デンマーク最大規模のアニメとマンガ特集「カワイイ&エピックー」(17年)、ニッポンノルディックの運営参画。本年、一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ設立。

7/8 夜9時の映画評論-テレビ洋画劇場と映画解説者の時代

名称未設定-1
毎日のように映画番組が茶の間をにぎわせていた時代。それは名だたる映画評論家たちの解説とセットでした。映画ファンたちは、放映作品のみならず、その始まりと終わりでなされる映画解説にも熱い期待を寄せていたのです。その意義とは何だったのでしょうか。また、批評史的にどう位置づければよいのでしょうか。解説映像とともに紐解いていきたいと思います。

淀川長治、水野晴郎、荻昌弘、木村奈保子といった映画解説者たちの解説を参照しながら、彼らが茶の間に向けてどのように映画を語っていたのかを見ていきます。解説者それぞれの人間的な魅力と話術も相まって、その切り口は千差万別です。ある者は名シーンの素晴らしさを、ある者は大スターたちの火花散る演技合戦を語る。あるいは、フィルモグラフィ、ジャンル、映画史を軽やかに横断する者も。その快刀乱麻のごとき明解さ、的確さ、そして含蓄の深さ。これこそ映画解説の醍醐味でしょう。

ミニコーナー:映画解説への招待
このコーナーでは、ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』を一例として、映画解説の面白さと可能性について皆さんとともに考えたいと思います。あなたなら、この映画をどんなふうに語りますか? (可能であれば『タイタニック』をご鑑賞のうえ来場してくださると幸いです)
 
日時 7/8(日)開場14:30/ 開演15:00-夕方
料金 要1 ドリンク(500 円) 注文
定員 20 名
企画・トーク 澤茂仁
主催 シアターカフェ、日本映像学会ショートフィルム研究会

澤茂仁プロフィール

名古屋大学大学院人文学研究科博士後期課程に在籍。専攻は映画史。論文に「ジャン=ピエール・メルヴィル論―その形式と映画史的意義をめぐって」(『映像研究』42、2014 年)。批評に「海辺からの定点観測―神代辰巳の海に導かれて」(『エクリヲ』5、2016 年)。そのほか、市民向け講座で「アラン・ドロンと戦後フランス映画」と題した講義を担当(文化フォーラム春日井、2017 年8 月)。



掲載情報/C+Tさん 磯部鉄平監督特集

5/20付C+Tさんで磯部鉄平監督特集をご紹介いただきました。ありがとうございます。
磯部作品、いろいろな映画祭で上映されてますが、6/9.10の2日間はシアターカフェで過去作一気に上映します。ご予約受付中!詳細はこちらです。

掲載情報/ゴチソー尾張さん 内田裕基監督特集

5/12(土)に行われた小説家デビュー記念 内田裕基監督作品特集上映のトークの様子をゴチソー尾張さんがレポートしてくださいました。ありがとうございました。こちらのページです。
東京では19(土)に上映会がありますし、26(土)にトークイベントもあります。
今後も脚本家、小説家としてだけでなく、様々な分野で活躍してほしいですね。願わくば自主映画もお待ちしてます。

6/16(土) 「総選挙をぶっとばせ!」J-FACTORY presents 造形LIVE!

「総選挙をぶっとばせ!」J-FACTORY presents 造形LIVE!
模型工房J-FACTORYがお送りする「造形LIVE!」。
第1回となる今回はフィギュア作家の寒河江弘氏をお迎えし、スカルピーを用いての造形実演を行います。
トークや交流会も予定しています。
1526052380478_R.jpg

日時:6/16(土) 13:00-18:00
料金:3000円(別途1ドリンクオーダー)
主催:J-FACTORY

◎参加に関する問い合わせはJ-FACTORYホームページ問い合わせフォーム

掲載情報/ゴチソー尾張さん 小田学監督特集

4/30(月祝)に行われた小田学監督特集の舞台挨拶の様子をゴチソー尾張さんがレポートしてくださいました。ありがとうございました。こちらのページです。
『サイモン&タダタカシ』名古屋での上映は終わってしまいましたが、まだ公開中ですし、ソフトになったら是非ご覧ください。
小田学監督&依田哲哉さんの今後のご活躍にも注目です♪

シアターカフェ 6月のマンスリースケジュールのおしらせ

GWの最中ですが、6月のマンスリースケジュールもできたので、ご紹介です。お手元に届く前にこちらでご紹介します。ぜひ予定をあけておいてくださいね!
9(土)10(日) 磯部鉄平監督特集上映
新作作るたび、いろいろな映画祭でその名前を見かけるようになった磯部鉄平監督の特集上映を開催します。舞台挨拶等も決まりましたら告知いたしますので、お楽しみに。
17(日) 映画コンパ!略して映コン!ホラー映画編 ホラー的ボリシェヴィキ!
5年ぶりの開催です。ホラー映画ファンのおしゃべり会です。ついついホラー的ボリシェヴィキ!と名付けましたが、『霊的ボリシェヴィキ』に限らず、自分の好きなホラー映画などについて、おしゃべりしましょう。
22(金)~24(日) ラストラブレター
第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞とキネマイスター賞をW受賞した『ラストラブレター』、東京、大阪での受賞凱旋上映に引き続き、名古屋でもお披露目。最新の新作短編も同時上映します。大人なラブストーリーです♪

ほかスケジュールが空いている日時はレンタルも募集しております。3時間6000円と利用しやすいお値段ですので、ぜひ。
最新のスケジュール等はサイトのカレンダーをご覧くださいませ。

6/22(金)~ 『ラストラブレター』

『ラストラブレター』
第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞とキネマイスター賞をW受賞した『ラストラブレター』、東京、大阪での受賞凱旋上映に引き続き、名古屋でもお披露目いたします。レトロフューチャーで切ない世界をどうぞ。最新の新作短編も同時上映いたします。

上映スケジュール 2018年6月22日(金)~24(日)
6/22(金) 19:30
6/23(土)、24(日) 連日15:00/19:00

料金 1100円

ご予約はこちら


上映作品(2作品73分)
『ラストラブレター』(2016年/58分)
監督・脚本・編集:森田博之 出演:ミネオショウ、影山祐子、多田亜由美 製作・studio so-lars.

LLL_main_R.jpg
LLL_sub_01_R.jpg
今ではないいつかの未来。ここではないどこかの街。突然の事故で妻の晶子を失った隆。 2年が過ぎても、未だに大きい喪失感を抱える隆は、晶子をヒューマノイドとして蘇らせることを決意する。
第11回田辺・弁慶映画祭で映画.com賞、キネマイスター賞W受賞
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、札幌国際短編映画祭ノミネート
公式サイトはこちら
©️studio so-lars.

併映『世界で一番最後の魔法』(2018年/15分)
監督・脚本・編集:森田博之 出演:中神円、ミネオショウ 製作:rhapsodie film

wizard_01_R.jpg
wizard_02_R.jpg
SNSで“魔法使い”と名乗る女は、“筑前煮”と名乗る男と定食屋で出会う。男は本当の魔法使いを探していた。女には東京に来たある目的があった。
第5回岩槻映画祭 短編コンペ部門入選

森田博之監督プロフィール
morita (1)_R
第11回田辺・弁慶映画祭」キネマイスター賞 & 映画.com賞受賞作品『ラストラブレター』監督。1984年埼玉県出身。埼玉県立芸術総合高校在学中に映画制作を始める。日本映画学校卒業後、演出部、制作部として劇場用映画に参加。これまで監督した自主制作映画は水戸短編映像祭、札幌国際短編映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などで上映。『カラガラ』(2012)が第6回 田辺・弁慶映画祭に入選。新作短編「世界で一番最後の魔法」が第5回岩槻映画祭入選。テアトル新宿でも上映される。


6/17(日) 映画コンパ!略して映コン!ホラー映画編 ホラー的ボリシェヴィキ!

映画コンパ!略して映コン! ホラー映画編
ホラー的ボリシェヴィキ!


eikon2_R.jpg
ホラー映画好きが勝手に集まり、話すコンパ。コンパといっても男女、独身・既婚問わずの、要は好きな映画のことを話せる相手を見つけるための会なので、そのへん、お気軽に参加してくださいね(男ばっかだったりしたらゴメンね)。
今回は『霊的ボリシェヴィキ』などで盛り上がった後を予定しております。ホラーな夏の前にみんなで好きなホラー映画を語りましょう。

日時:6/17(日)18:00~20:00
入場料:800円(ドリンク+簡単なおつまみをこちらで用意)差し入れ歓迎!!
定員:10名程度
締め切り:6/10(日) ※ただし定員に達したらその時点で締め切り。達しなかった場合、当日参加も可。
ご予約はこちら


内容:自分のオススメソフトとかパンフなどを持って来れる人は持ってきてもらい、その場で貸し借りしたり、見せ合ったり。詳細はこのページにて更新していきます。

掲載情報/映画ナタリー センターライン

映画ナタリーさまで映画『センターライン』名古屋凱旋上映会をご紹介いただきました。全国区で取り上げていただき、ありがたいです。紹介記事はこちら。連日舞台挨拶もあります。残席わずかの回もあるので、ご予約がおすすめです。学生料金もあります。詳細はこちら