Latest Entries

掲載情報/Cafe Mirageさん 澤田サンダー監督特集上映

ただいま名古屋シネマテークで公開中の『ひかりのたび』レビューとともに、シアターカフェで12/23.24に開催される澤田サンダー監督特集上映をCafe Mirage さんでご紹介いただきました。ありがとうございます。
レビューはネタばれありなので、ぜひ見てから読んでください。そして澤田サンダー監督に興味を持ってくれたら、12月の特集上映もぜひお越しくださいませ。詳細はこちら

掲載情報/シネアナゴヤさん 『尊く厳かな死』

10/21(土)から公開の『尊く厳かな死』についてシネアナゴヤさんにご紹介いただきました。ありがとうございます。
京都国際映画祭クリエーターズ・ファクトリーでグランプリ受賞など快進撃が続く『カランコエの花』ですが、中川駿監督の2015年の作品になります。監督も来場されますので、ぜひこの機会にお越しくださいませ。詳細はこちら

掲載情報/中日新聞さん 『尊く厳かな死』

10/9(月祝)中日新聞 市民版に『尊く厳かな死』上映会について紹介していただきました。ありがとうございます。10/21(土)~27(金)の上映となります。22(日)14時の回上映後には中川駿監督と日本尊厳死協会東海支部安藤理事との対談もあります。詳細、ご予約はこちら。定員は少ないので、ご予約をおすすめします。

12/23(土)~ 『ひかりのたび』公開記念 澤田サンダー監督特集上映

『ひかりのたび』公開記念 澤田サンダー監督特集上映
『ひかりのたび』公開を記念して澤田サンダー監督の特集上映を開催いたします。クリスマスシーズンですが、過去作を一挙に見れるこの機会にぜひ。

上映スケジュール 
12/23(土) 15:00B/17:00A 
24(日) 15:00A/17:00B ※舞台挨拶等情報は更新していきます

料金 1プログラム1000円 

ご予約はこちら


Aプロ(2作品87分)
『惑星のささやき』 (2011年/73分)
wakusei_R.jpg
出演:中村有、山岸彩子、鐘築健二ほか

2010の伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞中編の部の大賞作品を実写化。つまらなくて孤独に慣れきった毎日をおくっているゲレ郎の家に、ある日突然☆がやってきた。その☆はゲレ郎の生活に変化をもたらすが…。
伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞中編の部大賞
福岡インデペンデント映画祭優秀作品、渋谷真夜中の映画祭観客賞

『私は知ってる、私は知らない』(2013年/14分)
私は知ってる1_R
出演:荒金蔵人、渡辺奈緒子、木村知貴

男は、できて間もない、そのビルに来ていた。だが、その場所は彼にとって最も近寄りたくない場所でもあった。渋谷ヒカリエ一周年記念イベント「ヒカリエイガ」の一作品として企画。
福井映画祭審査員特別賞

Bプロ (3作品86分)
『劇場的、かつ遊戯的なもの』(2014年/57分)ドキュメンタリー

劇場的1_R
ある劇団を2003年から2004年の準備期間、公演期間に密着し撮影。その後、2005年〜2006年に脱退メンバー等の追加インタビューをして構成。舞台監督の交代等さまざまなトラブルを抱えながら、そして公演前日にはとんでもないことが起こる。はたして幕は開くのか。

『ECHO』(2014年/14分)
出演:龍野りな、荒金蔵人

echo2_R.jpg
ある女の24時間。2015年の2月から3月にかけて開催されたACAC(国際芸術センター青森)での個展のために製作された短編作品。全編青森市で撮影。ループ再生を前提とした構成で、日本映画における日本女性の扱い方をある法則に則って形式化し、それをサイレント映画のようなストーリーに当てはめた実験的作品である。
CHOFU SHORT FILM COMPETITION 奨励賞受賞

『謎のワークショップin AOMORI』(2016年6月/15分)
aomori_R.jpg
出演者全員素人。全員即興演技。ある一つの大きなストーリーを構成し、
助成金をもらった青森県に対して、かなり微妙なメッセージ性をともった作品。

澤田サンダー監督プロフィール
サンダー (2)_R
1976年5月22日生まれ、青森県弘前市出身。
2007年 絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選。2010年に東京芸術大学大学院映像研究科に入学。在学中に伊参スタジオ映画祭や函館港イルミナシオン映画祭など、複数の脚本賞を受賞し、伊参スタジオ映画祭の助成で映画「惑星のささやき」を監督。卒業後、ヒカリエ一周年記念オムニバス映画「ヒカリエイガ」に参加。監督した「私は知ってる、私は知らない」は大きな評価を得て、福井映画祭審査員特別賞など多くの映画祭で上映、入選。2015年に6年ぶりに現代美術のフィールドに戻り、ACAC(青森公立大学国際芸術センター)での個展にて「ECHO」を発表。2015年には伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞中編の部で2度目の大賞を「ひかりのたび」で受賞する。本作で劇場公開デビュー。


シアターカフェ11月のスケジュールのおしらせ

朝晩はすっかり秋ですね。さてシアターカフェの11月のマンスリースケジュールができてきたので、ご案内します。カレンダーにはほぼ反映されておりますので、チェックしてみてください。レンタルでのご利用も多くなっております。気になるイベントはチェックして来てね!
そして10/14(土)臨時休業といたします。どうぞよろしくお願いします。

11月のスケジュール
3日(金祝)~6日(月) 愛フェス2017
鳥居みゆき主演・塩出太志監督作品『時時巡りエブリデイ』名古屋初公開&愛しあってる会(仮)特集&田村映画祭の3プログラム!ゲストもたくさん来ると思います。お楽しみに。
11日(土) 『蜜と毒 -ドラゴンフルーツには気をつけて-』
関西発アジアンロードムービーの上映会。上映だけではなく、パンフつき、そして渡壁光温監督と野中比喩さんのトーク付きのイベントです。主催 渡壁光温(DMIパワースタジオ)
12日(日) 大須ポップカルチャー・ゼミ 第2回
アニメやマンガ、ゲームや音楽について考え、発表し、みんなで意見交換しませんか。好評だったので、第2回も開催です。
18日(土)、19日(日) 吉冨友也監督短編映画上映会
吉冨友也監督の全10作品約147分を上映いたします(途中休憩あり)。18日は残席わずかなので、できれば19日をご利用くださいね。主催 吉冨友也
24日(金)~26日(日) 中川晴樹ばっかり出る映画上映会
ヨーロッパ企画中川晴樹さんばっかり出ている映画をまとめて上映します!毎回中川さんも来場予定です。地元愛!みなさんお待ちしております。

ほか最新スケジュールはサイトのカレンダーでご確認くださいませ。空いている日などレンタルも可能ですので、お気軽にお問合せください。展示も承ります。
11月もどうぞよろしくお願いします。

11/3(金祝)~ 愛フェス2017 

愛フェス2017 
またもや2年ぶりに「愛フェス」がやってきます。愛しあってる会(仮)の特集上映と田村専一監督セレクトの田村映画祭、そして今年は塩出太志作品『時時巡りエブリデイ』も名古屋初公開!!ぜひ見に来てね!ゲスト等は更新していきます。

上映スケジュール
A 時時巡りエブリデイ(2017年/71分)
B 愛しあってる会(仮)特集(8作品84分)
C 田村映画祭(6作品約61分)

11/3(金祝) 15:00A 17:00B 19:00C
4(土)   15:00B 17:00C 19:00A
5(日)   15:00C 17:00A 19:00B
6(月)   19:30A


料金 各プログラム1000円

ご予約はこちら


A 時時巡りエブリデイ(2017年/71分) 監督:塩出太志  出演:鳥居みゆき 仁後亜由美 松本高士 矢島康美 木嶋のりこ
tokidokimain_R.jpg
毎日をダラダラと過ごしている美鳥に好きな人が出来た。そんな時、美鳥は唯一の友人・広子とある事をすると時間が 15 分だけ戻ることに気づいた。調子に乗って、無駄に時間を戻しては、自分たちの欲望を満たそうとするふたり。美鳥は、ついに時間が戻ることを使って好きな人に近づくのだった・・・。
(C)GMC&IITSU
予告編はこちら

B 愛しあってる会(仮) 8作品84分
『リセット』(9分)監督:塩出太志  出演:仁後亜由美 松本高士 萩原正道 長岡明美 ほりかわひろき 星野ゆうき

リセット_R
毎日家でごろごろしている広子は二十歳になったと同時に一人になった。新しい生活が今始まる。
小田原映画祭製作協力作品

『瞳を閉じて』(3分)監督:田村専一  出演:馬場泰光 岡本裕輝
瞳を_R
おじさんがおじさんに・・・。バカ映画オムニバス「フールジャパン 鉄ドンへの道」の一本。
ゆうばり国際ファンタスティク映画祭2016ファンタランドイベント賞

『くゆるひ』(23分)監督:宮原周平 出演:永里健太朗 田丸大輔 大木貴文 橘芽依 池田詩穂 マルコス笠島 ほりかわひろき 香取剛
くゆるひ_R
鬼才と呼ばれた喜多村監督の新作に抜擢された俳優の笹原は、その理不尽な指導に身も心も崩壊していく。
きりゅう映画祭、渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保、おおいた自主映画祭、第4回元町ショートフィルムフェステイバル 入選

『星野夢TV』(10分) 監督:高嶋義明 出演:星野ゆうき ほりかわひろき
星野夢TV_R
独裁国家・星野国で放送されたゴキブリ式教育番組とそれに関わった人々の話。
第一回妙善寺映画祭 最優秀脚本賞受賞作品、はままつ映画祭2016・観客賞3位 ほか

『おっさんスケボー』(5分) 監督:新井健市 出演:ほりかわひろき 梶原拓人
おっさん_R
スケボーを売ってくれとせがむおっさんとスケボー少年が言い争うだけのスラップスティックコメディ。福岡インディペンデント映画祭2013 5分ムービー部門グランプリ、したまちコメディ大賞2013 準グランプリ、The Rider Film Festival 2014 3位入賞(オーストラリア)、メイド・イン釜山独立映画祭2013 招待上映 ほか

『good time』(9分)監督:田村専一 出演:岡田あがさ 森重誘介
Good time_R
君の言う好きは好きって言わないよ。

『カモン、ボルテージ!』(22分) 監督 佐藤美百季 出演:坂本直季 中澤隆範 後藤直樹 ほりかわひろき 星野祐樹 羽切裕介
カモンボルテージ_R
とある漫画家、先生。締め切りも近いのになかなかやる気が起きない。そんな中、突然「海へ行こう」と、いうことに… 何が起きるか珍道中!頑張れ、俺!
福岡インディペンデント映画祭 コメディ賞、うえだ城下町映画祭 審査員賞(古厩智之賞)

『明日に向かって』(3分)監督:田村専一
明日に_R
目標に向かって頑張る男達のお話。バカ映画オムニバス「フールジャパン 鉄ドン危機一発」の中の一本。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015、オランダBUT映画祭 ほか

C 田村映画祭  6作品約60分
『いつかのタカハシ』(14分34)監督:原田裕司 音声:田村専一 出演:高橋信多 青木三奈 阪東正隆 鈴木義君

いつかのタカハシ1_R
タカハシ45歳独身無職。女にモテると思って始めたサックス。もう飽きた。金があれば競馬。競馬に勝てばデリヘル。デリヘル嬢に恋をした。
予告編はこちら。 

『おばけナンバーワン』(5:31)監督:飯塚貴士
obake_R.jpg
地獄ならテッペン目指せるかも!

『中年よ、神話になーれ!』(5分) 監督:頃安祐良 出演:小野塚老 切田亮介 陶山恵実里(虹のコンキスタドール) 永山智啓 今村有希
中年よ_R
妻の葬式の日。私は妻との出会った日に戻っていた。46年前。私は17歳だった。

『ゆれてますけど。』(11分)監督・出演: 辻凪子
ゆれてますけど1_R
大学生のゆり子とその家族は変わった習性を持っている。貧乏ゆすりのように足がずっと揺れているのだ。ある日、男子が授業中に揺れを止めようと、ゆり子の膝を押さえるのだが、その瞬間ゆり子はその男子に恋をしてしまう。ゆり子は男子にメモを渡し、公園のベンチで彼を待つのだが…
ロンドンクリスタルパレス国際映画祭 入選 オイド映画祭 観客賞

『ぺい』(10分) 監督:佐藤快磨 出演:松木大輔 入江庸仁 石野透 中田美優
ぺい_R
仲間と麻雀をしている昭夫の部屋に、別居している娘の奈々が5年ぶりに訪ねてきた…

『シナヌネズネバゴゴッゴー』田村監督新作(15分) 監督:田村専一 出演:亀沢孤独 手賀沼ジュン ラブ守永 ほりかわひろき 真田幹也 星野ゆうき 森重誘介
田村監督新作_R

11/18(土)~ 吉冨友也監督短編映画上映会

吉冨友也監督短編映画上映会
全10作品約147分を上映いたします(途中休憩あり)。

上映日時:11/18(土)19(日)14:00~
※18日残席わずかです。19日は余裕がございます。
料金:1ドリンク付き1500円
定員20名 
ご予約はこちら


『アップダウン』(6分41秒)
アップダウン_R
脚本:岡田道尚 撮影:中村吉伸 録音:阿由葉大輔 編集:黒川武彦 音楽:原夕輝
出演:生山雅士、山本菜緒
若い夫婦、ケンジとリカ。ケンジの浮気が原因で離婚届を手に役所に向かうリカ。必死に引き止めるケンジ。からみ合いは思わぬ展開に。

『ジャスミン』(9分6秒)
ジャスミン_R
脚本:岡田道尚 撮影:中村吉伸 録音:松木雅義 編集:黒川武彦 音楽:原夕輝
出演:東健一郎、宮崎順子
神田川のほとりを、いま別れたばかりの男女が行く。久しぶりの会話。つかの間、蘇る甘美な記憶はどこからともなく漂う花の香りのせいか?

『修羅のほとり』(19分4秒)
修羅のほとり_R
脚本:岡田道尚 撮影:熊田英明(JSC) 録音:菅野弘一 編集:柄戸まえ 音楽:原夕輝
出演:安田美香、中村英香、茂木利夫
妻の座を奪われた女と、その後釜の女。表面上は仲の良い元同僚だが、積年のうらみをぶちまけて、女は次第に相手を追いつめてゆく。

『その一手』(15分46秒)
その一手_R
脚本:岡田道尚 撮影:佐々木由 録音:井上明子 編集:柄戸まえ 音楽:原夕輝
出演:武井修平、大沢真理
研究者の夫と盲目の妻。いつものように目隠し将棋を楽しむうち、妻は夫の様子がいつもと違うことに気づく。問いつめる妻に夫は別れを切り出す。

『UN HAPPINESS』(16分26秒)
un happiness_R
脚本:佐川里江 撮影・編集:岩松茂 録音:中村雅光 制作協力:小池修一 音楽:原夕輝
出演:相元晴名、野澤みち子
13年ぶりに再会した女二人。キャリアウーマンと主婦。昔話に興じるうち、女はかつての憧れの先輩が主婦の現在の夫らしいことに気づく。

『さよならじゃんけん』(13分50秒)
さよならジャンケン_R
脚本:寺田大作 撮影:熊田英明(JSC) 撮影助手:小島尚大 録音:菅野弘一 編集:ひろせみつお 制作協力:黒川武彦音楽:原夕輝
出演 東健一郎、相元晴名
家庭内の全てをじゃんけんで決定する夫婦。妻はそんな現状に疑問を抱き、離婚を賭けた大勝負に出た。

『冷血の子』(13分6秒)
冷血の子_R
脚本:三間洋平 撮影・編集:廣瀬充男 録音:菅野弘一 ヘアメイク:前原宏美 衣装:幡摩あゆみ 制作協力:黒川武彦 音楽:原夕輝
出演 Satomi、広江美奈
腹違いの姉はスナックママ。妹は生母と同居のニート。姉は久しぶりに訪問するが‥。

『あいかたWHO?』(19分4秒)
あいかたWHO_R
脚本:佐川里江 撮影・編集:廣瀬充男 録音:國分玲 制作進行:菅原碧 制作協力:大高正大、黒川武彦 音楽:原夕輝
出演:中村英香、元木ちはや、佐藤惇基、保田泰志
突然解散した漫才コンビ。そんな二人がひょっこり出会った、すわ!!

『もういちどハグしよう』(19分)
もういちど_R
脚本:佐川里江 撮影・編集:廣瀬充男 録音:古茂田耕吉 制作協力:黒川武彦、川下和裕 小道具・ポスター:伊東道子 音楽:原夕輝
出演:元木ちはや、中村英香、タカハシカナコ
赤い紐には思い出が詰まっているが、それが何かは思い出せない。現実と妄想の間で交錯するメビウスの輪のごとき記憶装置。辿るのはいったい誰?

『あたしは天使」』(16分20秒)
あたしは天使_R
脚本:佐川里江 撮影・編集:廣瀬充男 録音:百々保之 似顔絵:はやしすみこ 音楽:原夕輝 制作協力:かわさきひろゆき
出演:中村英香、元木ちはや、小谷早緒梨、南智之、寿松木彰一
漫画家のりつ子は最近スランプ気味。仕上げた原稿を今にも川に投げ込みそう。助手のサポートで事なきを得たが、そこに忽然と謎の女が現れる。

吉冨友也監督プロフィール
yositomikantoku_R.jpg
1967年 日本大学芸術学部映画学科卒業。東京映画撮影所へ入社。助監督として、松山善三監督、岡本喜八監督、山本邦彦監督‥様々な作品に従事。ドラマの企画やテレビCM、旅番組など手がける。

主催:吉冨友也

11/12 大須ポップカルチャー・ゼミ 第2回

私たちにとっては空気のような、当たり前のようにそこにある「ポップカルチャー」。だけど、それはいったいどんなカタチをしたものなんだろう? それは私たちの想像力のありかたにどんな影響を及ぼすのだろう? そんな疑問を抱いたとき、実はあなたは「研究」の扉の向こう側にいるのです。
大須ポップカルチャーゼミ――アニメやマンガ、ゲームや音楽について考え、発表し、みんなで意見交換しませんか。
大須ポップカルチャーゼミ2チラシ
イラスト:神無森カヱデ

日時 11/12(日)15時~18時頃
料金 600円(1ドリンク付) ※イベント終了後、交流会あり(参加費300円)
定員 20名 ご予約はこちらから
ご予約の際は、下記のアンケートへご回答をお願い致します。

1. 『ユーリ!!! on ICE』と『花とアリス殺人事件』について
①視聴した
②未視聴・あらすじを知っている
③未視聴・あらすじを知らない
④その他( )

2. ご参加の理由
①『ユーリ!!! on ICE』、『花とアリス殺人事件』への興味
②アニメ・映画の考察への興味
③その他( )

3. 2人のキャラクターを中心としたストーリー構成全般について
①好き
②興味がない
③嫌い
④その他( )

企画 yamamori、梶川瑛里、クチナシ ユウ



■内容

プレゼン①スキありっ!映像考察タイム第2回『花とアリス殺人事件』14才の婚姻届
yamamori(名古屋学芸大学卒業)
岩井俊二監督作品『花とアリス』に登場する2人の主人公の中学生時代を描いたアニメ映画。主人公の物語と、一切語られていないもう1つの物語がどこですれ違っていくのか。14才の視点に戻って、一緒に考えてみませんか?

プレゼン②『ユーリon ICE!!!』の「愛」見つめて――エーリッヒ・フロムの「愛するということ」より
クチナシ ユウ(愛知大学文学部人文社会学科現代文化コース哲学専攻卒業)
2016年秋に放映されたテレビアニメ『ユーリon ICE!!!』では「愛」が重要なテーマとなっている。主人公・勝生勇利とコーチ・ヴィクトルの関係は当時話題となった。アニメ作品の中で描かれる「愛」を自らの視点で解釈する。

鼎談:「ふたり」のマジックを解剖する
梶川瑛里(名古屋大学大学院人文学研究科前期課程 在籍)、yamamori、クチナシ ユウ
今回の発表で中心となる二人の人物とその関係。現代日本のポップカルチャーを見渡してみると、至る所に「ふたり」が溢れています。「ふたり」を最小単位として物語を作ったり、ある物語を「ふたり」によって読み解いたりしていくことには、一体どういう意味があるのでしょうか。発表者のお二人を交えて、皆様と一緒に考えていきます。


■プロフィール

yamamori
名古屋学芸大学映像メディア学科卒業。在学中は映像やワークショップなどについて学ぶ。卒業後はあいちトリエンナーレ2013や足助ゴエンナーレなどのアートイベントにスタッフとして参加。現在、映像の考察や分析を独学中。‬‬‬‬

クチナシ ユウ
大学在籍時、小説創作の役に立つのではと考え、哲学を専攻し、サークルにて掌編の創作を中心に活動を行う。現在は趣味の範囲で小説を執筆し、アニメ、漫画、ラノベを中心にポップカルチャーの私的考察を進めている。

梶川瑛里
名古屋大学大学院人文学研究科前期課程に在籍。専門は日本文化。現在は、戦前日本のアニメーションについて研究している。2016年7月、シアターカフェのトークイベント「イケボが聞こえる風景 あなたの知らない声優史」で、弁士について発表。


■スケジュール
14:30 開場
15:00 開演/冒頭挨拶、各プレゼンテーション(各30〜40分)
16:20 休憩(10分)
16:30 鼎談(60~90分)
    ※質疑応答
17:30-18:00 頃終了、交流会

10/29(日) 生きづらい人、全員集合! ~親が重くてたまらないあなたへ(講演会)

生きづらい人、全員集合! ~親が重くてたまらないあなたへ
mkclalefcabghick_R.jpg
「自分を虐待した親を、愛せなくてもいい」そんなメッセージを発信し、「家族神話」を崩壊させ 1997 年に話題になった『日本一醜い親への手紙』。
20 年後の今年、新たに公募が行われ、親から虐待された 100 人の手紙を収録した『新編 日本一醜い親への手紙』(仮題/dZERO 刊)が 9 月末に出版。
この本を「Create Media」名義で編集したフリーライターの今一生さんをお招きし、講演会を開催します。虐待された人の生きづらさから、虐待で雇われにくい属性になった人にもできる仕事の作り方まで幅広く話します。

日時 10/29(日)19:00-21:00
料金 1500円(別途1ドリンクオーダー必須500円)
定員 20名
ご予約、詳細、お問合せはこちら

主催:名古屋AC2017 浅色デザイン

12/22(金) シアターカフェ クリスマス&忘年会 ビトさんライブつき♪

シアターカフェ クリスマス&忘年会 ビトさんライブつき♪
1年の締めくくりに恒例の忘年会を開催します。今年はちょっと早いですがクリスマスと一緒にお祝いしたいと思います。またビトさんによるライブもお楽しみください。軽食とドリンクなどご用意しますが、差し入れ歓迎!

日時 12/22(金)18:30~21:00 (ライブは19:30頃からの予定)
    ご都合のよいときにお越しください。だらだら始めております。
会費 1800円(ライブ代込。ドリンク、軽食ご用意します)差し入れも歓迎です。

ビトさんプロフィール(シンガー・ソングライター)
ビトさんプロフィール画像_R
1969年生まれ。北海道札幌市出身。19歳で横浜に移住。
20代をバンド「gaou」にささげる。ヴォーカル、ギター、作詞作曲担当。
SUPER BUTTER DOG、クラムボン、コーヒーカラーなどを輩出した東芝の新人発掘コンピシリーズ「SOUP UP」のvol.3(S-KENプロデュース)に2曲収録されるがデビューならず。
2001年にバンドを解散し、ソロ活動開始。
ムーンライダーズトリビュート盤「MOON BOSSA」、OZ DISCのはっぴいえんどトリビュート企画盤「はっぴいえんどかばあぼっくす」に岸野雄一グループのシンガー、、ギタリストとして参加。
2005年「桃梨」とCD『ソーラン節』を発売。
徐々に弾き語りでのツアーミュージシャン化し始め、2010年から専業ツアー歌手。
2013年はライブ本数170本。年々全国に活動の場を広げている。
映画界とも縁があり、風間志織監督の映画「せかいのおわり」(音楽監督は岸野雄一)でエンドテーマの作詞、歌唱を担当。
またピンク映画の鬼才いまおかしんじ作品では長く音楽全般を担当。2005年ピンク大賞受賞作「かえるのうた」主題歌や、「おじさん天国」劇中歌の「久米水産社歌」は特に評判を呼ぶ。
2013年岸野雄一のOUTONEDISCより初のソロアルバムCD「知らない人たち」リリース(12月14日発売)
15年ライブCD「パラダイスソングス2」